フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

トラコンハムラ法(経結膜的眼窩脂肪移動術)のリスク6つまとめ

トラコンハムラ法は、目の下の膨らみやたるみを解消してスッキリとした目元を作り出すための治療法のひとつです。下まぶたの裏側の結膜側から切開して眼窩脂肪を目の下の凹みの部分へと移動させる手術法です。

膨らんでいる部分からへこんでいる部分へと、余分な脂肪を移動させるため、膨らみと凹みの両方を同時に解消できます。

ハムラ法が表皮側から切開して余分な脂肪や皮膚を切除するので傷跡が残りやすいのが難点でしたが、それに対し、トラコンハムラ法は結膜側からの切開なので、表皮を傷つけず、ダウンタイムが短いのが特徴です。

切開して傷を残すのに抵抗がある方や、出来るだけ早く仕事に復帰したい方や、傷跡をお化粧で隠すことが出来ない男性の方や、たるみや膨らみが比較的少なめの方に喜ばれている治療法です。

トラコンハムラ法にはこのようなメリットが存在していますが、同時にいくつかのリスクも存在しています。そのリスクとは具体的にどのようなものなのでしょうか。ここではトラコンハムラ法のリスクについてご紹介します。

危険なの?トラコンハムラ法のリスク3つ

トラコンハムラ法(経結膜的眼窩脂肪移動術)のリスクまとめ

トラコンハムラ法(経結膜的眼窩脂肪移動術)に関してのリスク説明がなされずに整形・手術をしてしまった方は多いと思います。それだけカウンセリングではリスクについてはっきりと説明しないクリニック・ドクターが多く、手術後にリスクが生じて初めて気付くという事も有ります。

そのため、トラコンハムラ法(経結膜的眼窩脂肪移動術)のリスクに関する特集ページを作りました。

リスクを回避するためのクリニック選びもお気軽にご相談ください。

トラコンハムラ法のリスク

改善しない・効果が無い

トラコンハムラ法(経結膜的眼窩脂肪移動術)のリスクとして目の下のクマ・たるみが改善しない・効果が無いが有ります。トラコンハムラ法(経結膜的眼窩脂肪移動術)では目の下のクマ・たるみ改善の効果がありますが、施術者・医師の技量によります。

特にハムラ法と比較して、トラコンハムラ法(経結膜的眼窩脂肪移動術)の場合、結膜側からのアプローチとなりますので、皮膚の切除は出来ませんから、たるみなどには効果が無い事例があります。

効果が無い場合には、修正やメンテナンスをしなければなりません。

こちらのご相談所では上記のリスクを回避するために、技術の高いドクター・クリニックをご紹介いたしております。

クマ・たるみが解消しない場合もあり得ます

トラコンハムラ法は、膨らみと凹みの原因を解消することが期待できる整形術で、目元の膨らんだ部分を取り除いて凹んだ部分を解消する手術し見た目が若返ってみえるようになります。

トラコンハムラ法では脂肪によるクマやたるみなどは下がった脂肪を取り除くことが必要ですが、脂肪を的確に取り除くことができない場合、クマ・たるみが解消しない場合があります。

ちりめんじわが改善しない

トラコンハムラ法(経結膜的眼窩脂肪移動術)のリスクとしてちりめんじわが改善しないが有ります。

この手術ではちりめんじわが改善しない点は、誤解されている方がいらっしゃるのでお伝えしておきます。

で注意しなければならないリスクとしてちりめんじわが改善しないは覚えておいてください。

手術後も膨らみが残っているというリスク

トラコンハムラ法は、目の下のたるみや膨らみを解消するための治療法です。

結膜側を切開して眼窩脂肪をへこんでいる部分へと移動するので傷跡が残らず、身体への負担が軽いのが特徴ですが、それと同時に、いくつかのリスクも存在しています。

それはまず、手術後も膨らみが残っているというケースです。

この手術は元々脂肪が少ない方向けの手術なので、このようなリスクも存在します。この場合は再度膨らみを抑える手術を受け治すことになります。

その他にも、目の形に左右差が出来てしまったり、移動できる脂肪の量が少なくて理想の形にならなかったり、下まぶたが外反で、まるであっかんべーをしているような状態になってしったり、笑うと顔が引きつれたようになってしまうことなどがあります。

これらのリスクの主な原因は、手術を担当した医師の技術力不足が大きく影響しています。

そのため、トラコンハムラ法の手術を受けるうえで重要なのは、手術経験が豊富で腕の良い名医をさがすことです。

内出血・腫れ

トラコンハムラ法(経結膜的眼窩脂肪移動術)では、ダウンタイム中に内出血・腫れが生じます。

内出血・腫れに関しては2週間程度続く事がありますので、ダウンタイム中はマスクなどを付けて外出しなければなりません。

目の下がくぼむこともあります

目の下のクマや年齢によるたるみなどを解消することが期待できるトラコンハムラ法ですが、脂肪を移動する際に想定するデザインにミスがある場合、目の下がくぼむこともあり得ます。

傷跡が付かないなどメリットも多い手術で人気もある施術ですが、医師の技術や経験によってはくぼんでしまうなどのリスクを伴う手術です。

しわが増える可能性が考えられます

後悔する前に!知っておきたいトラコンハムラ法のリスクまとめ。
トラコンハムラ法は脂肪を移動させる手術ですが、移動した脂肪の位置が悪いとしわが増える場合があります。

このリスクを回避するためには事前にデザインを想定することが大切なことで、医師の経験や治療方法の選択が重要なポイントとなります。

技術の高い医師に手術をお願いすることも成功させるためには必要なことです。

記事のまとめ。名医を選べば人気の手術で若返りも期待できます

トラコンハムラ法は、傷跡がつかずに目の下のクマや年齢によるたるみなどを引き上げて解消し、若々しくみえるようになる人気の手術です。

医師の技術や経験不足の場合に起こり得るリスクもあるため、名医に手術をお願いすることが良い選択となるため、相談所で名医の美容外科をご紹介をしているため、気軽に相談すると良いです。

以上、裏ハムラ法(トラコンハムラ)における代表的なリスクについてまとめました。

コンテンツは随時、追加していく予定です。今回取り上げた様な上記の様なリスクを回避するためには名医を選択しなければなりません。

名医のご紹介をご希望の方はお気軽にご相談ください。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。