フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

レーザートーニング肝斑部のリスクとは?

レーザートーニング肝斑部のリスクまとめ

レーザートーニング肝斑部に関してのリスク説明がなされずに整形・手術をしてしまった方は多いと思います。それだけカウンセリングではリスクについてはっきりと説明しないクリニック・ドクターが多く、手術後にリスクが生じて初めて気付くという事も有ります。

そのため、レーザートーニング肝斑部のリスクに関する特集ページを作りました。

リスクを回避するためのクリニック選びもお気軽にご相談ください。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

レーザートーニング肝斑部のリスク 改善しない・効果が無い

レーザートーニング肝斑部のリスクとして肝斑・シミ・くすみなどが改善しない・効果が無いが有ります。

レーザートーニング肝斑部では肝斑・シミ・くすみなどが改善の効果がありますが、施術者・医師の技量によります。

効果が無い場合には、定期的に照射する事も必要ですし、メンテナンスしなければなりません。

こちらのご相談所では上記のリスクを回避するために、技術の高いドクター・クリニックをご紹介いたしております。

レーザートーニング肝斑部のリスク やけど・傷跡

レーザートーニング肝斑部では、出力の調整を間違えるとやけど・傷跡になってしまう事があります。

やけどリスクはレーザーの若返り・リフトアップ治療の場合には注意しなければならないものとなります。

レーザーによる熱損傷や深く皮膚を切り取ってしまうと凹凸が残ってしまう事もあります。ケロイドに注意が必要です。

レーザートーニング肝斑部のリスク 内出血・腫れ

レーザートーニング肝斑部では、ダウンタイム中に内出血・腫れが生じます。

内出血・腫れに関しては1週間程度続く事がありますので、ダウンタイム中はマスクなどを付けて外出しなければなりません。

さいごに・・

以上、レーザートーニング肝斑部における代表的なリスクについてまとめました。
コンテンツは随時、追加していく予定です。今回取り上げた様な上記の様なリスクを回避するためには名医を選択しなければなりません。
名医のご紹介をご希望の方はお気軽にご相談ください。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。