フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

ハムラ法のリスクとは?

ハムラ法のリスクまとめ

ハムラ法に関してのリスク説明がなされずに整形・手術をしてしまった方は多いと思います。それだけカウンセリングではリスクについてはっきりと説明しないクリニック・ドクターが多く、手術後にリスクが生じて初めて気付くという事も有ります。

そのため、ハムラ法のリスクに関する特集ページを作りました。

リスクを回避するためのクリニック選びもお気軽にご相談ください。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

ハムラ法のリスク アッカンベー状態・白眼がむき出してしまう

ハムラ法のリスクとして取り過ぎによるアッカンベー状態・白眼がむき出してしまう・眼瞼外反が有ります。

一度失敗してアッカンベー状態になってしまった症例では修正手術が大変難しくなります。
失敗を回避するためにも、予防の意味でも症例数が少ないドクターには十分注意して下さい。

ハムラ法で注意しなければならないリスクとして不自然・バレバレは覚えておいてください。

ハムラ法のリスク 改善しない・効果が無い

ハムラ法のリスクとして目の下のクマ・たるみが改善しない・効果が無いが有ります。

ハムラ法では目の下のクマ・たるみ改善の効果がありますが、施術者・医師の技量によります。

効果が無い場合には、修正やメンテナンスをしなければなりません。

こちらのご相談所では上記のリスクを回避するために、技術の高いドクター・クリニックをご紹介いたしております。

ハムラ法のリスク 傷跡

ハムラ法では、皮膚表面を切開するため、傷跡のリスクが有ります。
たるみを取る手術なので仕方が無いとは思いますが、名医を選択する事で最小限の傷跡にする事が出来ます。

名医を選択して頂ければ極細糸、傷跡クリーム、傷跡を少なくするお薬(半年程度服用)などを使って傷跡を最小限にしてくれます。

深く皮膚を切り取ってしまうと凹凸が残ってしまう事もあります。ケロイドに注意が必要です。

ハムラ法のリスク 内出血・腫れ

ハムラ法では、ダウンタイム中に内出血・腫れが生じます。

内出血・腫れに関しては2週間程度続く事がありますので、ダウンタイム中はマスクなどを付けて外出しなければなりません。

さいごに・・

以上、ハムラ法における代表的なリスクについてまとめました。
コンテンツは随時、追加していく予定です。今回取り上げた様な上記の様なリスクを回避するためには名医を選択しなければなりません。
名医のご紹介をご希望の方はお気軽にご相談ください。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。