フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

フェザーリフトのリスクとは?

フェザーリフトのリスクまとめ

フェザーリフトに関してのリスク説明がなされずに整形・手術をしてしまった方は多いと思います。それだけカウンセリングではリスクについてはっきりと説明しないクリニック・ドクターが多く、手術後にリスクが生じて初めて気付くという事も有ります。

そのため、フェザーリフトのリスクに関する特集ページを作りました。

リスクを回避するためのクリニック選びもお気軽にご相談ください。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

フェザーリフトのリスク たるみが改善しない・効果が無い

フェイスリフトのリスクとして代表的なものにたるみが改善しない・効果が無いが有ります。

フェイスリフトでは皮膚を引っ張り上げるだけの手術で持続性が無い治療がしばしば行われております。

たるみが改善しなかったり、効果が無いと言われてしまうのは正確にSMASやリガメントを操作出来ない事に起因します。

よって2時間程度で行われてしまうフェイスリフトでは、十分にSMASやリガメント組織の内部処理が出来ないためにたるみが改善しない・効果が無いといったリスクが生じます。

こちらのご相談所では上記のリスクを回避するために、技術の高いドクター・クリニックをご紹介いたしております。

フェザーリフトのリスク 感染

フェザーリフトだけではなく、いずれの治療においても、感染してしまうリスクはあり得ます。

感染はフェザーリフトのリスクの中でも最も警戒しなければならないものですので、衛生面の整っていないクリニックで手術を行うのは辞めた方が良いです。

フェザーリフトの治療でも、クリニックによっては短時間で雑な手術をされてしまうケースがあります。

衛生面に配慮されたクリニック・名医は様々な手術において、必要であればドレーン、抗生剤点滴2種類などを使うなどして感染率を限りなく0%にする事が出来ます。

フェザーリフトのリスク ひきつれ

フェイスリフトのリスクとして代表的なものにひきつれが有ります。

皮膚を引っ張り上げるだけのフェイスリフト手術でひきつれを生じてしまう事があります。

技術が低いクリニック・ドクターで50人近くの集団提訴をしたフェイスリフトは記憶に新しいと思います。

ひきつれを避けるためには技術が高いクリニック・ドクターを選択しなければなりません。

最近では伸びる糸を使ったクリニックやドクターが登場してきておりますのでご相談窓口でご紹介してまいりたいと思います。
ご希望の方はお問い合わせください。

フェザーリフトのリスク 効果・持続期間が短い

フェイスリフトのリスクとして代表的なものに効果・持続期間が短いが有ります。

切るフェイスリフトと異なり、糸を使ったフェイスリフトでは効果期間が長くても5年程度となります。

効果・持続期間が短いと再手術・修正手術が必要となりますので、定期的なメンテナンスにも注意を払わなければなりません。

そのためかかりつけの技術が高いドクターを選択する事が最も大切です。

さいごに・・

以上、フェザーリフトにおける代表的なリスクについてまとめました。
コンテンツは随時、追加していく予定です。今回取り上げた様な上記の様なリスクを回避するためには名医を選択しなければなりません。
名医のご紹介をご希望の方はお気軽にご相談ください。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。