フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

トレチノイン・ハイドロキノンの効果に期待できることって?

トレチノイン・ハイドロキノンを使用する事で得られる美白効果については、近頃何かと話題になっています。実際どんな物なのか、まずはその二つの成分の個性に着いて見ていきましょう。
トレチノインはビタミンA誘導体で、肌のターンオーバーを促す作用を持っています。それにより出来てしまったシミを、少しずつ体外へと排出してくれます。人体にも血液の中に少量含まれている成分の為、アレルギーが起こり難いのが人気の秘密です。ただし刺激が大変強い物なので、皮膚科に相談して使用するのが大切です。また妊娠中や授乳中の使用は、子供に良くない影響を与える場合がある為、避けるようにして下さい。
次にハイドロキノンについてですが、「ハイドロキノンは肌の漂白剤」と言う言葉を良く耳にします。その言葉の通り、ハイドロキノンはメラニンを作る酵素を抑制し、シミを薄くする効果を持っています。この力は既に有るシミ・これからできるシミの両方に働きます。こちらも刺激が強く、場合によっては肌トラブルが出る場合が有りますので、医師へ相談の上使用して下さい。
トレチノイン・ハイドロキノンの併用は、その力を合わせる事でより高い効果が期待できるのです。
トレチノイン・ハイドロキノンの効果に期待できることって?

美白効果が高い

非常に美白効果が高いトレチノイン・ハイドロキノンの併用ですが、前述した様にどちらも非常に刺激が強い物です。更に正しい使い方を知らないまま使うと、肌トラブルの悪化を招くと言う側面も持っています。ここでは、トレチノイン・ハイドロキノンの使い方と注意点について、お話ししたいと思います。
まずトレチノインの単独使用は、色素沈着の元になる為避けるようにして下さい。トレチノインは肌のターンオーバーを促してシミを排出してくれます。しかし肌が炎症を起こしている為、それと同時にシミが出来やすい状態でもあります。そこでシミを抑制するハイドロキノンを塗る事で、そのシミを防ぎます。相乗効果意外にも、この二つを併用する理由があるのです。更にハイドロキノンはシミの抑制しますが、同時に紫外線に弱い性質が有ります。外出する予定がある場合は、必ず日焼け止めを塗るようにして下さい。またこの治療の効果を上げる為、トレチノインを塗る前にビタミンC誘導体の入った化粧水を塗ると良いようです。
とは言え、肌トラブルは怖いものです。治療の際は医師の指示に従って、という事を強くおすすめします。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。