フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

スターラックス1540のアフターケアでやるべきこととは

スターラックス1540は、セルフケアが難しくなった凹んだクレーターなどのニキビ跡の改善まで効果が期待できるのが特徴的で、そのほかにも傷跡の改善、毛穴の引き締め効果、ちりめんじわ、シワなどの改善、タトゥー(刺青)除去解いたさまざまな改善効果が期待できる治療法でもあります。
そんなスターラックス1540の治療は比較的回数をかけて治療していくレーザー治療であるため、治療完了後はもちろん治療と治療の間のアフターケアーが重要になってくるのです。
そんなスターラックス1540のでやるべきこととは、施術後の翌日からは軽いやけどのような痛みを伴うので、痛み方によっては患部にアイスパック・冷えたタオルなどで冷やし、痛みを軽減することが大切です。
この痛みは個人差があるものの痛みが強い場合は、施術されたクリニックの指導のもと痛み止めとして鎮痛剤を処方してもらうといった対処法も必要になってきます。
治療完了後は再生に向けて、治療途中の場合は次の治療をスムーズに行うためにも痛みなどの経過観察をしっかりと行う事が大切です。
スターラックス1540のアフターケアでやるべきこととは

デリケートな肌を守る

スターラックス1540は細いレーザースポットながらも、真皮深部にまでレーザーを照射するので、施術後数日は肌の表面が赤くヒリヒリし、その後数日にかけて白い粉を吹いたような状態になり肌が再生していくというメカニズムで改善していきます。
このダウンタイムの期間は肌がデリケートになっているので、洗顔、クレンジングの際にはゴシゴシするような摩擦や、白い粉っぽさを隠すためにお化粧でカバーするといったことはできるだけ控えたほうが良いです。
また施術から数日かけて点状に薄いカサブタができてきますが、これは肌が再生しているサインなのでこれを無理にこすったり、剥がしたりしないように心がけることも大切です。
スターラックス1540のアフターケアでやるべきこととは、治療後はいつも以上に保湿スキンケアで肌を保護し、術後は出来るだけ紫外線が多い時間帯の外出は控えることが重要ですが、万が一外出する場合は普段よりもしっかり紫外線対策をする事が非常に重要です。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。