フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

スプリングスレッドリフトの失敗ってどんなもの?

女性が若く美しく見られるには、美肌である事が必要だったりします。というのも幾らお洒落な服装で着飾っても、肌がたるみや皺だらけだと、若く美しく見られるのは困難です。だからこそ、多くの女性が日々念入りにスキンケアを行う等して、肌を良い状態で保とうとします。その方法で確かに肌の老化を先送りには出来ますが、回避するのは困難です。結局は、ある程度の年齢になると、顔に目立つ形でたるみが生じてしまい、若さや美しさが損なわれてしまいます。そんな厄介なたるみですが、美容クリニックで整形手術を受ける事により、解消する事が可能です。

スプリングスレッドリフトもたるみ解消に高い効果を持つ施術であり、高い若返り効果を得る事が出来ます。ただしスプリングスレッドリフトも整形手術である以上、失敗してしまうリスクが存在するのです。しかもスプリングスレッドリフトに失敗すると、たるみ解消効果が得られないだけでなく、目立つ形でリスクが生じる恐れがあるので、注意する必要があります。

スプリングスレッドリフトの失敗ってどんなもの?

失敗しない事を一番に優先する事をおすすめ

スプリングスレッドリフトとは、突起のある医療用の特殊な糸を用いて、引っ張り上げる事でたるみを解消する効果が得られる術式です。しかも通常のフェイスリフト用の糸に比べて、伸縮性等に優れている上に自然な仕上がりが期待出来る上に、皮膚を切除しないので目立つ傷跡が残る心配もいりません。もっともあくまでそれは、スプリングスレッドリフトの手術に成功した際の話です。腕の未熟な医師にこの手術を依頼すると、失敗する可能性が高まってしまいます。

その結果、たるみがほとんど解消されないだけでなく、顔が突っ張った様な状態で表情が乏しくなったり、顔の左右で大きく違いが出る等歪な顔付きになってしまう事があるのです。そんな風に目立つ形で、リスクが生じてしまうので、スプリングスレッドリフトの手術を受ける際は、失敗しない事を一番に優先する事をおすすめします。そのためには、過去にこの手術を数多く行った実績があり、実際に手術を受けた人からの評価の高い名医を探し出し、手術して貰うべきです。

スプリングスレッドリフトの失敗

スプリングスレッドリフトの失敗として考えられる「糸が透けて見える」事について

スプリングスレッドのリフトと糸が透けて見えること。

糸が透けて見えるというのは、顔のリフト手術で糸を利用した時に、たまに出てくるリスクの一つです。皮膚の割と薄いところに入れて、入れ方の悪さから糸が、皮膚の表面より助けるという、とても恐ろしい現象です。ですがスプリングスレッドリフトは、よく考えて上手に入れることで、糸が表面から透けて見えることは、簡単には起こりにくいものです。フェイスのどの部分にも対応する手術なので、上手に入れれば問題なしです。

スプリングスレッドのリフト手術と効果が持続しないこと

スプリングスレッドリフトは、効果が持続しないと言われますのは、皮膚を切るリフトアップの美容整形と比較してのことでしょう。耐久性にも優れている、体内では溶けてしまわない特殊な医療糸を使っていますので、糸を入れましたら、およそ3年間以上のリフトの効果が持続をすることになります。糸は引っ掛けて持ち上げる形なので、このだけの期間の持続性があれば、結果的には良い方です。従来の糸のリフトよりは、長めです。

スプリングスレッドのリフト整形とひきつれ・笑顔が不自然なこと

スプリングスレッドリフトの美容整形では、ひきつれ・笑顔が不自然東野はあまりないですが、もしも発生をしたら、入れ方が下手であったことと、引き上げの力加減も良くはないということです。普通に上手に入れたならば、不自然な表情になることはなく、人間の顔の筋肉に対しまして連動をしていますので、柔軟に伸縮ができるものです。そのためスプリングスレッドのリフトアップ整形の場合は、表情はナチュラルです。

名医とスプリングスレッドのリフト手術

名医が手がけますスプリングスレッドリフトは、顔のあらゆる部位のリフトアップに貢献をすることになります。マリオネットラインにも、年齢がバッチリと出てしまう、ほうれい線や首のたるみにも効果的でありますし、ゴルゴラインを改善するにも良い作用をもたらします。医療現場において既に、50年以上も使われている信頼の医療糸ですし、シリコンとポリエステルの組み合わせで、引き上げの作用もしっかりです。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。