フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

SOOFリフトに失敗すると?

失敗例もあります。。

加齢により中顔面部分の皮膚が脂肪とともに垂れ下がりはじめ、靭帯がある部分は下がらないためへこみとなってあらわれ、いくつものしわやたるみが出現するようになります。SOOFリフトは眼輪筋裏の薄い脂肪から頬上部の脂肪の引き上げを行うもので、ゴルゴ線やほうれい線が気になりつつ下まぶたのたるみも一緒に改善したい人に、有効性が期待できます。他の中顔面の施術方法と組み合わせて行うことでより効果が期待できる場合が多いです。

失敗してしまうとほとんど印象が変わらない場合があって、特にSOOFリフトだけを行った場合、目の下から頬上部のみ改善されてしまう傾向が強いため、フェイスラインのたるみなどが残ったままですから、若返ったように見えないこともあります。医師と相談を良く行い、どこまでのたるみやしわを消したいかを話し合い、ほかに組み合わせるべき施術があれば一緒に行ってもらった方が大幅な変化が期待できます。靭帯がそのままだと、特に変化が乏しくなることが多いです。

SOOFリフトに失敗すると?

眼輪筋や神経を傷つけて失敗する可能性

SOOFリフトは眼輪筋裏の脂肪にアプローチするため、構造を詳しく知っていないと眼輪筋や神経を傷つけて失敗する可能性があります。脂肪だけを引き上げて余った皮膚の処理が行われないと、目元に余計にしわが増えることになります。丁寧なシミュレーションで患者の希望に近づくよう、中顔面の若返りを目指してくれる医師に頼むことが大切です。

技術がない医師が行うと下まぶた部分に不要なふくらみが残って、クマのようになったしまったり、目から鼻にかけて引き攣れが起きてしまう可能性もあります。失敗してしまうと表情筋を動かすごとに違和感を感じたりもしますから、眼輪筋から大頬骨筋までの解剖学的知識を有している医師に実施してもらうことが適切です。

下まぶたふちあたりからの切開があるので、未熟な縫合をされてしまうと目に影響が出ることもあります。SOOFリフトを希望し、医師をお探しの方は当相談所にて名医のご紹介をしておりますので、気軽にご連絡ください。

SOOFリフトの失敗

受けなきゃよかった?SOOFリフトに失敗、「ひきつれ」が…。

ひきつれを起こす可能性があるのがフェイスリフトの手術です。

皮膚と脂肪組織であるSOOFと同時に引き上げることにより、リフトアップ効果を得ることが出来るSOOFリフトでは、引き上げる角度や切開の方法により、手術後に顔のひきつれが見られることがあります。リフトアップ効果を得ることは出来る可能性はありますが、ひきつれがあると見た目が不自然になってしまう可能性がありますし、表情を上手く作ることが出来なくなる可能性もありますので、注意が必要です。

効果が無いと感じる理由とは

フェイスリフト術の効果は人それぞれです。同じような手術を受けても、高い効果があると感じる人もいれば、効果が無いと感じる人もいるでしょう。効果が無いと感じた理由は、手術の方法が適切ではなかったことなどが考えられます。異なる方法で行うことにより、効果を実感することが出来る可能性もありますので、手術を受けてからしばらくしても効果を感じることが出来ない場合には、手術を行った医師に相談すると良いでしょう。

切開した毛髪内がハゲる事がある

SOOFリフト術では、耳の周囲の皮膚を切開する必要があります。そのため、生え際などの切開した毛髪内がハゲる可能性があります。特に、傷口が大きかった場合には、その切開した毛髪内がハゲる可能性が考えられますので、あらかじめ確認するようにしましょう。傷口の周囲は時間の経過とともに毛髪が生えてくる可能性がありますが、傷口の上の部位に関しては、傷が治っても毛髪が生えてこない可能性もあります。

手術は名医に依頼し、手術前に気になることは確認しよう

若々しく見せたい、コンプレックスを解消したいなどの理由からフェイスリフト手術を受けたにも関わらず、思ったような効果を得ることが出来なかった、理想と違っていたという結果になってしまっては、意味がありません。手術前には自身の希望を伝えるとともに、豊富な経験と実績のある名医に手術を依頼すると良いでしょう。その際には、医師に言われるがままに手術を受けるのではなく、分からないことや不安に感じることは確認しましょう。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。