フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

SOOFリフトの名医・おすすめブログから考察してみた

SOOFリフトは頬の脂肪を引き上げ、下目瞼のたるみをひきあげることができる施術です。SOOFというのは、頬の脂肪のことをさします。この脂肪がほうれいせんの原因にもなります。SOOFリフトのメリットは、目の下のたるみにはたらきかけることができ、すっきりとした印象になる他、アンチエイジング効果も高いのが特徴です。SOOFリフトのデメリットは、名医が施術を行わなかった場合、効果がみられず、再度手術を行うことになる可能性があります。

手術の難易度としては、高度な技術が必要なため、価格が安いといった理由のみでクリニックを決めるのは危険が伴います。症例数が多く、経験値が高い医師がいるクリニックを選びましょう。また、カウンセリングとアフターケアに力を入れているところはおすすめです。ダウンタイム時のケアは美しい仕上がりを作る大切な行程です。そのため、短い時間のカウンセリングですぐに施術が始まるといったクリニックは避けましょう。

SOOFリフトの名医

別の手術にプラスして行う施術

SOOFリフトのダウンタイムは、個人差はありますが通常2週間前後です。大きな腫れは、2週間ほどでひきます。痛みが生じる場合にはクリニックから鎮痛剤が処方されます。SOOFリフトのみの治療というものはなく、何か別の手術にプラスして行う行為のため、相場費用はないのが特徴です。麻酔の費用は相場が決まっているため、施術にかかる費用詳細をみて、確認しましょう。静脈麻酔をして施術を行う場合には、麻酔の費用は2万円から5万円ほどです。

名医がいるクリニックでは、施術前と施術後の写真などが豊富にあるため、仕上がりがイメージしやすいのでおすすめです。また、頬やまぶたのたるみのみをとるのではなく、顔全体のバランスを考えて施術を行ってくれる医師を選びましょう。輪郭形成や頭蓋学外科の名医を探すことをおすすめします。抗生剤の点滴を2種類使用して感染率をゼロに近づける処置をしているところは感染症の心配もなく、安心です。

SOOFリフトの名医

SOOFリフトを受けるなら評判の良いこのクリニック!

若々しい人と老けた印象の人の違いは、肌のハリです。ハリがある肌は、それだけできれいに見えますが、年々年を取るほど、肌のハリが衰え、頬が下がってきます。頬には、筋肉と脂肪がついていて、若いときには維持することができていますが、年を取って筋肉が衰えてくると、脂肪が下に落ちてくるため、頬が下がって老けた印象になってしまうのです。

頬の脂肪を引き上げるSOOFリフトは、頬のポジションを整えるとともに目の下のたるみにも効果的ですが、最近は、SOOFリフトをはじめとするリフトアップの方法が多岐にわたり、また、自分の血液を使って肌の若返りを促す最新の再生医療や切らずにリフトアップさせる糸を使ったリフトアップなど、いろいろな種類があります。いろいろな種類のフェイスリフトを扱っていることで評判が良い美容外科で、仕上がりの希望を伝えて、ドクターと相談しながら施術を決めることがおすすめです。

頬の位置が下がり、肌にたるみが出てくると、老けた印象や疲れた印象になってしまい、見た目年齢が上がってきます。頬の脂肪が下に下がってくることが原因になっていることが多く、頬の脂肪を引き上げるSOOFリフトを検討する人が多くなってきています。SOOFリフトは、脂肪の引き上げを行う施術ですが、他にも筋膜を引き上げる方法や糸を使ってリフトアップさせながら肌内部のコラーゲンの生成を促進する施術や再生医療ではだと肌内部に弾力を持たせる施術などがあります。

評判が良いクリニックがたくさんあり、フェイスリフトを選ぶことができるので、ドクターとよく相談してから施術方法を選ぶことが失敗を防ぐためにおすすめです。費用は、安い場合のSOOFリフトで10万円~20万円程度から受けることができますが、選択する方法によって料金が異なるので、自分に適した方法の料金を確かめることが必要です。最新鋭の再生医療についても、仕上がりが自然で効果が持続すると人気があるので、聞いてみるとよいでしょう。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。