フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

リガメントリフトの失敗3つと修正手術と上手い病院のご紹介

顔の皮膚がたるんでいるものを耳のあたりでただ引っ張り上げても効果が薄いのは、皮膚を骨に固定する役割があるリガメントと呼ばれる靭帯がいくつか存在しているためです。

老化により皮膚が垂れ下がるとき、複数ある靭帯部分は下がることが無いため、顔にデコボコを発生させ靭帯がない部分の皮膚がより下がってくるので輪郭も悪くなってきます。

リフトアップで綺麗な仕上がりを目指すのであれば、この靭帯も切って行うリガメントリフトによる手術を行うことが効果的です。

従来の方法だと部分的なリフトアップにしかなりませんでしたが、リガメントリフトを行えば幅広く引き上げることも可能であり、頬だけでなく口元のほうれい線にまで届くようにしたり、首元のたるみまで引き上げることができます。

手術は失敗してしまうこともあるので、リガメントリフトのやり方を熟知している医師に執刀してもらうことがとても重要であり、丁寧な処置が行われないと頬などが上がっても目元にしわが残ってしまったりします。

リガメントリフトの失敗として考えられることとは

靱帯による高いフェイスリフト効果が得られるという術式

顔に靱帯がある場所は、皮膚がしっかり固定されているので垂れ下がる心配はないのですが、靱帯がない場所は年齢と共に重力に負け垂れ下がってしまいます。

リガメントリフトは、そんな顔の靱帯を切断する事で、靱帯のない場所にも靱帯による高いフェイスリフト効果が得られるという術式です。そのため、リガメントリフトの手術を受けたにも関わらず、修正を行う必要があるケースとしては、期待通りの効果が得られなかった場合だったりします。

更に技術力のない医師が執刀した場合には、手術自体に失敗して顔が歪んでしまったり、顔が引きつった状態になってしまうケースがあるのです。

そういった問題があるケースでは、修正手術を行う必要があります。

そもそもリガメントリフトは、整形手術の中では比較的難易度が高めであるため、失敗のリスクは高いです。

そのためまずは、失敗しない様に手術実績が豊富な美容クリニックを選ぶ事をおすすめします。そして万が一、失敗して修正手術を受ける際も、出来るだけ技術力の高い美容クリニックを探し出すべきです。

上手な医師・クリニックの特徴

リガメントリフトに失敗してしまった場合、修正手術を受けて仕上がりを良くする事が可能です。
ただし、修正手術を受けるとなると2回にわかり、顔や頭皮にメスを入れなければいけません。

何度も顔などにメスを入れるとなると、精神的・身体的にも大きなダメージとなってしまいます。

また、修正手術の費用相場としては、リガメントリフトを受けた時と同様、80万円から100万円程度必要です。
修正手術となってしまった場合、金銭的な負担も大きくなってしまうのです。

ですので、リガメントリフトを受ける場合はできるだけ、修正手術を避けるためにも医師選びを慎重に行う事が大切です。

リガメントリフトが上手な医師の特徴としては、リガメントリフトだけでなくフェイスリフト全般の症例数が豊富です。

まずは、どのくらいの患者さんに施術を行ってきたか、症例数をチェックしてみましょう。

また、定期的に学会に参加し発表している医師であれば、常に新しい情報をチェックしているので、信頼できると言えます。

実際にカウンセリングを受けてみて、説明が充実しているか、信頼できる医師かどうかを自分で判断するのも必要です。

リガメントリフトが得意な医師かどうか、判断するには様々なポイントをチェックしなければいけません。

術後に腫れやむくみが起きるためダウンタイムが長くなる失敗例など

リガメントリフトは耳の前部で引き上げを行い余った皮膚は切除するほか、目じりのしわを解消するため眼輪筋の処置も必要であるため、ただ靭帯を切って引っ張れば良いというものではありません。

失敗されてしまうと手術の効果が全くなく、誰にも気づかれないほどたるんだままになってしまうことがあります。

術後割りと腫れやむくみが起きるためダウンタイムが長くなる場合もありますが、腫れがひいてきても変化がなければ早めに受診して失敗かどうか確認するべきです。

神経を傷つけられたり、皮下組織と神経の癒着が発生して筋膜の萎縮なども起きてしまうと、顔が引きつっているような状態で固定されてしまい、表情の変化が乏しくなったり口を動かすときに違和感を感じる状態になることがあります。

リガメントリフトの失敗

リガメントリフトの失敗として可能性のある「ひきつれ」とは?

リフト手術後にひきつれが生じる可能性があります。

リガメントリフトの美容整形を受けて、ひきつれを感じることは、たまにあることです。しかし本来であれば、顔の筋膜や皮膚をベースに固定をしている靱帯を使いましたリフト手術は、従来のフェイスリフトと比較をしましても、とても引き上げの効果がグレードアップをしている方法です。

手術の仕上がりを左右するのは、担当をする医師の腕にかかっていますので、ひきつれのない腕の良い医師にフェイスリフトは依頼をするべきでしょう。

リフト手術は効果が無い

リガメントリフトは効果が無いと感じるのであれば、それは手術の引き上げが足りないとか、そもそもこのフェイスリフトの美容整形自体が、本人にはあっていなかった可能性もあります。

筋膜の下の部分を前方に向かい剥離して、咬筋部のリガメントのところを切断します。

筋膜の端をキュッと引き上げることで、通常の耳の前で引き上げる処理と比べてみましても、もっと強力な力で力で口元のたるみを一気に引き上げることが可能です。

切開した毛髪内がハゲる

リガメントリフトの美容整形での副作用として、切開した毛髪内がハゲることがあります。見えにくいところを切開して皮膚を上に引き上げるために、切開手術の傷跡は見えにくく隠れるので、わかりにくいとは言われますが、毛根の組織は大きい負担になってしまうのは仕方のないことです。

美容整形をしたために、髪の毛が生えては来なくなった場所へは、ほかの場所からの植毛をするという手段が、有効な改善対策となります。

修正手術について

年齢と共に顔の皮膚が垂れ下がってしまうと、たるみが出来るだけでなく、フェイスラインの崩れを招き、老け顔になってしまうので厄介です。

なので多くの女性は、出来るだけ若さと美貌を保つべく、日頃から肌のお手入れを熱心に行ったり、フェイスマッサージで肌の血流を良くしようと心掛けたりしています。

ただしそういった方法では、老化を先延ばしには出来ても、たるみやフェイスラインの崩れを改善する効果を期待するのは難しいです。

既にたるみやフェイスラインの崩れが生じた人は、美容外科クリニックに行き、施術を受ける事をおすすめします。

その際、リガメントリフトの手術であれば、垂れ下がった皮膚を引き上げて、たるみやフェイスラインの崩れを綺麗に解消する事が可能です。

もっともそれは技術力の高い医師に執刀して貰った上で、正しくリガメントリフトの手術を行えた場合の話だったりします。

中にはきちんと効果が得られなかったり、仕上がりが悪いために修正手術を行う必要が生じるケースも存在するのです。

リガメントリフトの修正

リフト手術のおすすめ

リガメントリフトはたるみを悩む人には、おすすめと言えるますのは、今まで絵では体感できないほどの、フェイスリフトを実感することができるためです。

美容整形手術でフェイスリフトをして、そのリフトできる期間が、今までのフェイスリフトよりも、かくだんに長くなったためです。

引き上げの効果の持続性が高いために、リフトの美容整形を行ったら、長期的にたるみからは開放をされて、引き締まったシャープな顔を保持します。

若返るためのリフトアップで、顔が引きつってしまわないためにもリガメントリフトの名医に手術を依頼することが望ましく、当相談所にご連絡いただければ名医をご紹介することができます。

「上手いクリニック」「おすすめの病院」の紹介はこちらから

深いしわや大きなたるみも解消できるリガメントリフトは、若返り効果の高さから人気です。しかし、施術は難しく医師の技術や知識の差によって、仕上がりにも大きな違いが出てしまいます。

未熟な医師が施術を行うと失敗やトラブルが起こってしまい、最悪の場合、修正手術を受けなければいけません。

修正手術となると患者にとって、かなりの負担がのしかかります。

ですので、リガメントリフトを受ける場合は、医師選び・クリニック選びが手術の成功を左右するという事を覚えておきましょう。

リガメントリフトを得意とする医師であれば、失敗やトラブルが起こるリスクも少なく、安心して施術を受けられます。

ただ、得意かどうかを判断するには、色々なチェックポイントを自分で調べなければいけません。

クリニックや医師の情報を1人で集めるのは、大変時間も手間もかかってしまいます。

クリニック選び・医師選びに時間を割く事が出来ないという方、どこを選べば良いのか分からないと迷っている方は、当相談所にご相談ください。

リガメントリフトの名医と言われるような医師がいる、おすすめのクリニックをご紹介しています。

クリニック選び・医師選びに悩んでいるなら、まず当相談所にご気軽にご連絡ください。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。