フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

リガメントリフトの失敗として考えられることとは

顔の皮膚がたるんでいるものを耳のあたりでただ引っ張り上げても効果が薄いのは、皮膚を骨に固定する役割があるリガメントと呼ばれる靭帯がいくつか存在しているためです。

老化により皮膚が垂れ下がるとき、複数ある靭帯部分は下がることが無いため、顔にデコボコを発生させ靭帯がない部分の皮膚がより下がってくるので輪郭も悪くなってきます。リフトアップで綺麗な仕上がりを目指すのであれば、この靭帯も切って行うリガメントリフトによる手術を行うことが効果的です。従来の方法だと部分的なリフトアップにしかなりませんでしたが、リガメントリフトを行えば幅広く引き上げることも可能であり、頬だけでなく口元のほうれい線にまで届くようにしたり、首元のたるみまで引き上げることができます。

手術は失敗してしまうこともあるので、リガメントリフトのやり方を熟知している医師に執刀してもらうことがとても重要であり、丁寧な処置が行われないと頬などが上がっても目元にしわが残ってしまったりします。

リガメントリフトの失敗として考えられることとは

術後に腫れやむくみが起きるためダウンタイムが長くなる失敗例など

リガメントリフトは耳の前部で引き上げを行い余った皮膚は切除するほか、目じりのしわを解消するため眼輪筋の処置も必要であるため、ただ靭帯を切って引っ張れば良いというものではありません。失敗されてしまうと手術の効果が全くなく、誰にも気づかれないほどたるんだままになってしまうことがあります。術後割りと腫れやむくみが起きるためダウンタイムが長くなる場合もありますが、腫れがひいてきても変化がなければ早めに受診して失敗かどうか確認するべきです。

神経を傷つけられたり、皮下組織と神経の癒着が発生して筋膜の萎縮なども起きてしまうと、顔が引きつっているような状態で固定されてしまい、表情の変化が乏しくなったり口を動かすときに違和感を感じる状態になることがあります。

リガメントリフトの失敗

リガメントリフトの失敗として可能性のある「ひきつれ」とは?

リフト手術後にひきつれが生じる可能性があります。

リガメントリフトの美容整形を受けて、ひきつれを感じることは、たまにあることです。しかし本来であれば。顔の筋膜や皮膚をベースに固定をしている靱帯を使いましたリフト手術は、従来のフェイスリフトと比較をしましても、とても引き上げの効果がグレードアップをしている方法です。手術の仕上がりを左右するのは、担当をする医師の腕にかかっていますので、ひきつれのない腕の良い医師にフェイスリフトは依頼をするべきでしょう。

リフト手術は効果が無い

リガメントリフトは効果が無いと感じるのであれば、それは手術の引き上げが足りないとか、そもそもこのフェイスリフトの美容整形自体が、本人にはあっていなかった可能性もあります。筋膜の下の部分を前方に向かい剥離して、咬筋部のリガメントのところを切断します。筋膜の端をキュッと引き上げることで、通常の耳の前で引き上げる処理と比べてみましても、もっと強力な力で力で口元のたるみを一気に引き上げることが可能です。

切開した毛髪内がハゲる

リガメントリフトの美容整形での副作用として、切開した毛髪内がハゲることがあります。見えにくいところを切開して皮膚を上に引き上げるために、切開手術の傷跡は見えにくく隠れるので、わかりにくいとは言われますが、毛根の組織は大きい負担になってしまうのは仕方のないことです。美容整形をしたために、髪の毛が生えては来なくなった場所へは、ほかの場所からの植毛をするという手段が、有効な改善対策となります。

リフト手術のおすすめ

リガメントリフトはたるみを悩む人には、おすすめと言えるますのは、今まで絵では体感できないほどの、フェイスリフトを実感することができるためです。美容整形手術でフェイスリフトをして、そのリフトできる期間が、今までのフェイスリフトよりも、かくだんに長くなったためです。引き上げの効果の持続性が高いために、リフトの美容整形を行ったら、長期的にたるみからは開放をされて、引き締まったシャープな顔を保持します。

若返るためのリフトアップで、顔が引きつってしまわないためにもリガメントリフトの名医に手術を依頼することが望ましく、当相談所にご連絡いただければ名医をご紹介することができます。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。