フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

溶ける金の糸(レインボーリフト)の料金相場は?受ける前に知っておきたいお金のこと

溶ける金の糸(レインボーリフト)は、吸収性の糸の周りに金のコーティングをして、それを皮膚の下に挿入することで人間が本来持っている肌の活性化機能を利用して肌にハリやつやを持たせる美容医療の一つです。

糸の刺激によりコラーゲンの生成ンを促すだけでなく、針や糸の刺激により表情筋の緊張を上昇させることで、即効性のリフトアップ効果も期待できるとされています。

従来のリフトアップ法などと比較すると切開を行わないのでダウンタイムが短く、回復が早いことが特徴です。
糸はやがて吸収されていきますが、コーティングされていた金のナノ粒子は10年ほど皮内に残るためその間肌のハリや艶、弾力が長持ちするとされています。

では、溶ける金の糸(レインボーリフト)における料金相場はどのくらいなのでしょうか。

施術を受ける際にはメリットだけでなくデメリットや料金相場などについても把握しておくことが大切ですので、この機会に知っておいてはいかがでしょうか。

溶ける金の糸(レインボーリフト)の料金相場

料金相場は30~50万程度が目安

溶ける金の糸(レインボーリフト)における料金相場は、クリニックの料金設定や挿入する糸の本数などによっても異なってきます。

目安として、30万前後が料金相場とされていますがクリニックによっては100本埋め込むのに40万前後というところもありますので、事前に確認するのが良いかと思われます。

溶ける金の糸(レインボーリフト)に使用される糸は、医療の現場などでも良く使用されるPDO(ポリジオキサノン)というものでこれ自体は数か月から1年ほどで吸収分解されていきますが、それにコーティングされた金のナノ粒子はしばらく皮膚の下に残って肌に刺激を与えていくので、かなり長い期間で皮膚の新陳代謝が活発化されていくことが期待できます。

ただ、あくまで軽度なたるみやしわに有効であり、あまり重度な場合には切開法によるフェイスリフト出なければ改善できないこともありますので、施術を担当する医師としっかりカウンセリングをした上でどのような方法で施術を行っていくか考えていくのが望ましいでしょう。

安い病院と持続期間

金の糸を利用したアンチエイジング治療を行っているクリニックの料金設定は、安い場合には、20万円ほどから行うことができます。

金の糸は、髪の毛ほどの細さの純金の繊維状の糸です。この糸を、しわやたるみなどの気になる場所に入れることによって、自らの力でコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸を作る力を強いものにしていくことができ、若々しい肌に仕上げていくことが可能になっています。

金は、アレルギーを引き起こすことがない安全性が非常に高いものであり、体内に入れても大丈夫であり、安心した治療をしてもらうことができます。1度治療をしてもらうことで、10年以上の持続効果を発揮するようなものであり、かなりコストパフォーマンスが良い治療になっています。

技術が高い美容外科クリニックは、多くの肌質の人の治療を持続けているため、失敗がないような治療を受けられる環境です。たくさんのスキンケアができて、評判がよく、人気が高いです。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。