PRP療法の失敗と修正手術が上手い病院のご紹介

PRP療法とは、自分自身の血液から採取した血小板を利用して、シワなどが気になる部分を改善するという治療法です。

PRPとは、自分の血液から血小板を高濃度に含むように抽出した成分を指しており、抽出した血小板を、シワの気になる部分に注入します。

そもそも血小板には、壊れた血管や細胞などを修復する働きがありますし、若返り効果の高い成長因子が多く含まれています。

成長因子にはコラーゲン生成を助ける働きがあるので、肌のハリや潤いを取り戻して肌の活性化を促進する効果があります。そのため、PRP療法はシワの改善に効果を発揮してくれるのです。

しかも、もともとは自分の血液から抽出した成分を注入しているので、アレルギーの心配もなくて安全性の高い施術だと言えます。

このように、PRP療法は、肌を若返らせてシワを改善してくれる施術なのですが、なかには失敗するケースもあります。

もし失敗したらどんな状態になってしまうのでしょうか。

ここではPRP療法の修正についてご説明します。

PRP療法の失敗

上手な医師・クリニックの特徴

PRP療法は、技術を持った医師が手術を行うことで、効果を実感できる期待があります。腫れやダウンタイムはおよそ3日間が目安となります。

もともとPRP療法は、皮下組織が再生することでふっくらとした組織を取り戻すという治療です。

体質によっては効果が発揮されない場合もあるため、カウンセリングなどをしっかり行い、治療方法が合っているかを見極められる医師が良い医師と言えるでしょう。

経験が豊富で症例数が多く、サンプルをカウンセリング時に見ることができるという点をチェックするのも上手な医師であるかどうかを確認するポイントとなります。

名医と呼ばれている医師は通常の料金と比べると代金が高くなる場合がありますが、安全を優先し、値段のみで選ぶのは避けましょう。

治療の効果が長く、名医が手術を行った場合には、3年から5年に一度治療を受けるだけで高いアンチエイジング効果をキープできる場合があります。定期的なお肌のメンテナンスを行うクリニックもおすすめです。

自分の血液から作り上げた成分で治療を行うため、アレルギー反応などを引き起こす危険性がないのがメリットですが、感染症などのリスクがゼロではないことから、衛生面でも徹底しているクリニックで手術を行っている医師がおすすめです。

PRP療法の修正はしっかりした医者に任せたい!トラブル例まとめ

PRP療法は、多血小板血漿と呼ばれているもので、皮膚の再生療法です。しわやこけた頬、たるみ、目の下のくまに対しての治療に用いられていますが、ふくらみが過剰に出るという失敗例があります。

PRP療法の効果は、およそ半年ほどかけてじっくりと効いてくるのが一般的で、コラーゲンが生成することで皮膚が若返るという仕組みです。

カウンセリングが5分ほどで終了したり、アフターケアが粗雑なクリニックで治療を受けた場合、失敗してしまう場合もあります。膨らみ過ぎるといった失敗例の他、効果を実感することができないという場合や、しこりになってしまうなどのトラブルもあります。

PRP療法の修正をするためには、およそ三ヶ月程度の時間が経過してから行うことが一般的です。

術後数週間では修正を行うことができないため、失敗をした場合にすぐに再手術を受けることができません。

そのため、腕の良い医師がいるクリニックを選ぶことが大切です。術後の皮膚の状態や手術の効果を確認し、引き連れや麻痺、傷跡などが残らないように手術を行うことが大切です。術後は血流が良くなることを避けて安静にすごすことがポイントです。

また、手術による感染がおきないように手術を行っているクリニックを選ぶこともポイントです。

失敗したら修正は可能か?

PRP療法とは、シワなどの気になる部分の若返りを希望する方に人気のある治療法です。これは自分の血液から採取した血小板を注入する治療ですが、PRPとは、多血小板血漿のことであり、自分の血液から血小板を高濃度に含むように抽出した成分のことです。

そもそも血小板には、傷を治したり壊れた細胞を修復したりというような働きを持っています。

それは、血小板に成長因子が含まれているからです。

PRP療法は、血小板が持つこの働きを最大限に活用した治療方です。成長因子にはコラーゲンを増加させて肌を若々しくさせてくれるので、シワなどが改善されるのです。

しかも、自分の血小板を注入するので身体に負担がかかる心配もありませんし、ダウンタイムも軽いものになります。

このように、とても安全に肌を活性化させることが出来る治療法ですが、失敗するケースも考えられます。

もし失敗してしまった場合には、修正することは果たして可能なのでしょうか。

化膿した場合には修正手術が必要

PRP療法は、自分の血液から採取した血小板をシワなどが気になる部分に注入することで、肌を活性化させてハリや弾力を取り戻すという施術です。

自分の血液から採取した血小板なので、アレルギーや副作用の心配もありませんが、それでも、失敗するケースがあります。

例えば、注入した部分に発熱を感じたり腫れが生じたりしますし、それが悪化すると、感染が酷くなって化膿してくることがあります。もし化膿した場合には修正手術が必要になります。

化膿した部分を切開して膿を出さなければなりません。ただし、修正する場合は、術後数週間の場合は難しいので、3ヶ月程度の期間をおいてから治療を始めた方が安全です。

また、その他にも、高価が感じられないという人もいます。

PRP療法は、通常は術後2ヶ月程で効果が出始めて、2年間ほど効果が続くものですが、効果にも個人差が出やすいので、なかには数か月で効果が感じられなくなったという人や、効果が全く感じられなかったという人もいます。

その場合は、再度治療を施す必要があります。

このように、修正が必要なケースもあるので、腕の良い名医を選択するようにしましょう。

失敗を回避するためには名医を選択

PRP療法は、自分の血液から抽出した血小板を使用してシワを改善する治療法なので、アレルギーの心配もなく、安全性の高さが特徴のひとつなのですが、それでも失敗するケースがいくつか存在します。

それはまず、注入部位に感染が起こるケースです。

PRP療法は注射器で血行板を注入するので、注入部位に感染が起こって強い痛みや腫れが生じることがあります。

また、感染がさらに酷くなると、化膿して熱を持つこともあります。化膿が酷い時は、切開して膿を出す施術を受けなければなりません。また、その他にも、効果が感じられないというケースもあります。

通常は2ヶ月ほどかけて効果が現れ出してきて、2年間はその効果が続くと言われていますが、個人差があるため、なかには効果が2年間も続かないという方や、効果そのものが感じられないという方もいます。このような失敗を回避するためには、腕の良い名医を選択する必要があります。

というのも、注入箇所の微妙な違いが失敗を生み出すことがあるからです。

「上手いクリニック」「おすすめの病院」の紹介はこちらから

PRP療法を行っているおすすめのクリニックは、数多くの施術全例で良い結果をあげている医師がいるところです。修正の数なども参考にするとよいでしょう。

治療は、血小板を採取した当日に注入を行うことができるのが一般的で、身体の負担も少ないのが特徴的です。

顔に麻酔をして針をさして治療を行いますが、名医が行うことで治療時間も長くかからないのが特徴です。

効果がでるまでの期間が長い施術方法のため、定期的なケアを行っているクリニックがおすすめです。術後にトラブルが発生した際に敏速に対応してくれるところを選びましょう。

アンチエイジングはもちろんのこと、ニキビ跡などにお悩みの場合にもPRP療法が効果的にはたらく場合があります。

丁寧なカウンセリングを行うことでお悩みを改善する期待がもてます。また、料金設定が明確なところもおすすめのクリニックです。

カウンセリング時に手術やアフターケアも含めてかかる費用を提示してくれるところが良いでしょう。

修正が必要になった場合には、お肌への負担や精神的なダメージも多くなるリスクがあるため、幾つかのクリニックに行き、カウンセリングを受けてみるのも良いでしょう。

相談は無料で行っているクリニックもありますので、一度相談してみてがいかがでしょうか。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。