フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

ポラリスの修正について知りたい!

美容系クリニックでは、レーザーや高周波、超音波を使う美容医療が数多く行われています。
このような照射系の美容医療は、メスや注射器を使う事なく美容効果を得られる点が魅力です。
傷跡が残ってしまったり、施術後のダウンタイムが長引いてしまうという事も、ほぼありません。
ですので、比較的施術を受けやすいと言えるでしょう。

ポラリスもそんな照射系美容医療の1つです。
ダイオードレーザーとラジオ波を同時に照射する施術を行います。
この美容医療も他の照射系美容医療と同じメリットがあります。
このようなメリットを聞くと、デメリットは全く無いのではと思ってしまいがちです。
ですがメリットがあれば当然、デメリットも存在しています。
ポラリスは肌のごく浅い部分に作用する美容医療という事もあり、技術力の低い医師が施術を行った場合、肌に変化が現れないケースも少なくありません。
もし、全く効果が感じられないという場合は、修正治療を受ける事も可能です。
治療ではもう1度ポラリスを受ける方法や、他のレーザー・高周波を使う治療に変えるという選択肢もあります。

ポラリスの修正について知りたい!

修正治療を受ける際は、より医師選びを慎重に行う事が大切

ポラリスを受けたけれど満足の行く仕上がりとならなかった場合、修正治療を受ける事が可能です。
治療法は色々とあり、もう1度ポラリスを受ける方法や、他の美容医療を受けるといった方法があります。
ただ、修正治療を受ける際は、より医師の技術力や知識、センスなどを見極めなければいけません。
肌の状態や施術の方法などを熟知した医師でなければ、何度施術を受けても仕上がりは満足できないでしょう。
特にメスを使わない美容医療の場合、医師の技術が低いと全く美容効果が感じられません。
せっかく施術を受けても肌の違いが感じられなければ、金銭的なダメージを受けてしまいます。
ですので、修正治療を受ける際は、より医師選びを慎重に行う事が大切です。
ただ、医師の技術力などを見極めるのは、かなり難しい事です。
医師選びに悩んでいるという方は、当相談所にご相談ください。
より安心して施術を受けられるよう、熟練した技術を持つ医師をご紹介しています。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。