ミッドフェイスリフトの効果・メリット3つを体験談から考察

ミッドフェイスリフトはメリットがとても多いものなのですが、いったいどんなものでしょう。
これは美容整形の手術で、顔中部の若返りができるものです。

美容整形の手術の中でも、アンチエイジングとして特によく行われているものです。
頬上部や下部の脂肪などを引き上げる手術になります。

脂肪を引き上げて、若い頃のようなスッキリとした顔を取り戻したい人におすすめできるものです。
なお、クリニックによってその手術が違いますから、気になる人はカウンセリングの時に確認しましょう。

ミッドフェイスリフトについてくわしく説明します。
先ず、どこを引き上げたいかによって適しているフェイスリフトが異なります。

ほうれい線から頬にかけて全体的に引き上げたい場合はミッドフェイスリフトが最適です。
また、鼻唇部分を引き上げたい場合も最適です。

鼻唇部分を引き上げると、すごく若返った印象になります。
それから、余った部分で涙袋をつくることも可能です。

ミッドフェイスリフトのメリット

ミッドフェイスリフトの手術について

ミッドフェイスリフトとは、美容整形手術のひとつです。最近では多くの美容整形外科で提案されることが増えてきている施術方法で、検討中だという人も多いのではないでしょうか。

そもそもミッドフェイスリフトがどのような手術かというと、下まぶたの下の方にある頬の肉を引き上げることによって、しわやたるみの継承や目袋やクマの改善を目指す施術です。

下まつげのに沿うように皮膚を切開して、筋肉と皮膚を剥離し、筋肉を目尻に引っ張り上げることによって、たるみやしわを解消します。加齢によって起こるくまを解消することによって、若返りを期待することもできます。

そのため、しわやたるみ、目の下のくまを解消して若々しい顔になりたいという人や、顔全体ではなく顔の中部を集中的に改善したい人に向いている施術です。

しかし、ミッドフェイスリフトはとても効果の高い施術方法ですが、失敗のリスクはゼロではないので、注意しておくことが必要だと言えます。

ミッドフェイスリフトの効果

高周波治療や注射治療よりも引き上げ効果は高い

ミッドフェイスリフトの費用は、安いクリニックでの治療の場合は、30万円ほどで行うことができます。

ミッドフェイスリフトは、下まぶたや頬のたるみを取り除くような治療になっています。耳の周囲を切開してから、皮膚や筋膜をひっぱりあげることによって、たるみなどを解消していくことができます。

皮膚などを直接引っ張りあげる治療であるため、高周波治療や注射治療などで効果があまり感じられなかった人にも効果がある治療法であり、評判が良い治療法になっています。ほうれい線などもとることができる内容であり、かなりの若返りができるため、口コミなどでも人気が高まっています。

ヤン・ミー(楊冪)の様なたるみやしわの無い解消はどんな整形で作れる?

年齢を重ねるとともに増えていくお顔の悩み。くまやしわは早期のものならホームケアで改善できますが、たるみや法令線が進行すると、もはやアンチエイジグ効果のある化粧品や顔の筋力トレーニングでは手に負えなくなってしまいます。

若い頃は顔が小さいと言われていた人でも、加齢により顔が大きくなったと感じる人も多いのではないでしょうか。

テレビを見ていると数々の小顔美人の女優さんが目につきますが、中でも中国の女優ヤン・ミー(楊冪)のような、あごの尖った小顔は女性のあこがれです。

今あるエイジングサインを解消し、ヤン・ミー(楊冪)のような小顔になるには、美容整形が最も効果的です。

老け顔を解消しフェイスラインを引き締めるのに最も効果があると言われているのが、フェイスリフトです。

フェイスリフト手術は、スマスという筋肉の膜とともに吊り上げてたるみを解消する方法で、究極のアンチエイジグ法だと言われています。メスを入れる方法に抵抗のある人に人気なのが糸のフェイスリフトです。

糸のフェイスリフトは糸を使ってたるんだ組織を物理的に引き上げる方法と、糸を埋め込んで組織を引き締める方法があり、どちらも人気となっています。

プチ整形にカテゴライズされるレーザー治療も手軽に受けられる治療として多くの女性に選ばれています。レーザーを照射することで真皮層の線維芽細胞を強力に刺激し、コラーゲンを増やしハリを出させます。

このように、たるみを解消してヤン・ミー(楊冪)のような小顔美人になるにはいろいろな方法がありますが、成功するにはドクターの技術力が必須です。美容外科の経験が豊富で、確かな技術を持ったドクターを選びましょう。

当相談所では全国の名医をご紹介しておりますので、リフトアップ治療をお考えの方は、ぜひ一度ご相談ください。

入院する必要はないことが大きなメリット

ミッドフェイスリフトの施術時間については、3時間程です。
大がかりな手術ではないので、入院する必要はありません。
これは大きなメリットです。

経過については、術後1週間で抜糸します。
1週間~2週間ほど腫れや内出血、黒ずみなどが見られます。

ですが、心配しなくても、これらの症状は時間が経てば自然と解消します。
また、これらの症状があっても、直ぐに、顔や髪の毛を洗ったり、メイクをしたりすることができます。

その手術費用に関しては、思っている以上に安いでしょう。
キャンペーンなどを上手に利用すればより安くなります。

このようにメリットが多いミッドフェイスリフトですが、メリットを最大限にするために医師選びが大切です。
こちらの相談所のランキングや病院の比較、また口コミを参考に、充分に比較、検討した上で、医師を選んでください。

実際にカウンセリングを受けて、その医師に任せるかどうか判断しても良いでしょう。

リスクの解説と名医のご紹介はこちらから

ミッドフェイスリフトで行われる筋肉と骨、皮膚の剥離は比較的出血が少ないので、安全性は高いと言えます。顔の神経を傷つける可能性も低いので、リスクは低いと言えるでしょう。そのため、年配の人でも受けやすい施術だと言えます。

しかし、ミッドフェイスリフトは、その高い効果ゆえにリスクが全く起きないというわけではないので、リスクに関しても慎重に検討してから施術を受けることが必要となってきます。

主なリスクの例としては、腫れや内出血、術後の痛みなどが考えられます。また、顔の左右で差が出てしまうということもあります。また、手術を受けたけれど思ったように結果が出ず、再度手術を受けなければならなくなった、というような人もいます。このようなリスクを回避するためにも、経験と技術のある医師に手術を依頼することが大切です。

名医を探しているという際には、お気軽にご連絡ください。こちらで、ミッドフェイスリフトの名医をご紹介しております。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。