フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

どこまでいっても自己責任!だからこそ目の上のしわの美容整形のリスクは知っておこう!

美容整形は病気や怪我を治す治療と違って、美容医療に分類されます。受けないと命に関わる治療ではないため、自由診療になります。つまり、それだけ自己責任になる部分が多い治療ということです。
目の上のしわの美容整形も行われていますが、これもリスクを知っておかないと後で後悔する可能性があります。
目の上のしわの美容整形に用いられることが多いのは、ヒアルロン酸注射、ボトックス注射、繊維芽細胞移植術、などです。
ヒアルロン酸は水分保持に優れた物質で、しわの下に入れることでハリのある肌にすることができます。
ボトックス注射は筋肉の動きを抑制させて、表情筋によるしわを取ります。
繊維芽細胞移植術は、自分の細胞を培養して皮膚に移植して、真皮を再構成させる肌の再生医療です。ハリや潤いのある目元に改善することができます。
ただし、これらの方法にも失敗のリスクはあります。特に経験の浅い医師が行うと失敗するリスクが高くなるので注意しましょう。

どこまでいっても自己責任!だからこそ目の上のしわの美容整形のリスクは知っておこう!

実行前に相談機関を利用する

目の上のしわの美容整形は、同じ治療法でもクリニックによって仕上がりは全く違ってきます。
ヒアルロン酸やボトックスといった同じ薬を注射するだけならば、効果は同じだと思うかもしれませんが、注入量や注入層によって効果は変わります。
ヒアルロン酸を注入したら皮膚が凸凹になってしまったり、ボトックス注射をしたら感覚が麻痺して目が開けづらくなったり、閉じられなくなったり、といったリスクもあります。
注入による目の上のしわの美容整形はプチ整形と呼ばれて簡単そうに見えますが、実際にはリスクもありますし、修正が必要になる恐れもあります。
自己責任である以上、美容外科や美容皮膚科の情報は自分で集めることが大切です。その際に便利なのが、美容整形の相談をできる第三者機関です。
美容整形の悩みは、知人には相談しづらいものです。美容整形の相談機関は、悩みやそれに対する解決法、クリニックで本当に手術を受けた方が良いのかどうかの相談にのってくれます。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。