フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

目の上のくぼみの美容整形の失敗とは

目の上のくぼみの美容整形として代表的なものがヒアルロン酸注入です。
しかし、目の上というのは皮膚が薄い場所であり、技術的に難しい場所の一つでもあるため、クリニック選びに気を付けないと失敗してしまうことがあります。
目の上のくぼみの美容整形の失敗例として多いのが、凸凹になってしまうというものです。
ヒアルロン酸を皮膚下に注入することによってボリュームを増やしくぼみを消していくのですが、注入する量が多過ぎたり、付近市であったりした場合、不自然な凸凹となってしまうことがあります。
ヒアルロン酸は体内に吸収される成分ですので、しばらく我慢をすれば元に戻ることもありますが、その間不自然な状態の目になってしまうことがあるのです。
また、先述したように目の上は皮膚が薄い部分ですので内出血が起こりやすく、腫れてしまうケースも珍しくないため、もしも、施術後に人前に出る予定があるような場合には向いていないといえでしょう。

目の上のくぼみの美容整形の失敗

失敗例をさけるため、正しい情報の収集が成功への道

目の上のくぼみの美容整形には失敗するリスクというものがありますが、そのリスクを軽減するために大切なことはやはりクリニック選びです。
現在は美容整形を行っているクリニックが増えており、費用など様々な観点で患者が自由に施術を受けるクリニックを選ぶことが出来るようになっていますが、目の上のくぼみの美容整形の実績が多く、医師の経験も豊富であるクリニックを探すことが重要です。
またクリニックがホームページを開いているのであれば、目の上のくぼみの美容整形施術の前後の経過写真などがある場合もありますので、そこで施術を受けるとどのようになるのかという術後イメージを持つことも後悔しないためには必要です。
このイメージを持たないまま施術を受けてしまうと、思っていた出来とは違うというイメージのズレが生じる可能性もあるため注意しましょう。
また施術を受けた患者のクチコミも重要な情報源の一つです。
クリニックの雰囲気やスタッフの対応、術後のケアなど様々な情報を集めて、失敗のリスクを減らすクリニック選びをしていきましょう。

目の上のくぼみの美容整形の失敗とは

目の上のくぼみの美容整形で起こりうる失敗例、「血腫」とは?

手術後になりやすい「血腫」

PRP・ヒアルロン酸注入・脂肪注入によるしこり・石灰化とともになりやすい血豆や殴られたような変色を起こす「血腫」といわれる症状です。
注射器を使用した部分や素材を入れた部分などの血管が傷つけられ出血を起こす状態で、米粒大から幅広なものまで大きさや症状は様々です。
時間とともに回復するケースが殆どですが、大変目立ち普段の生活で支障がでてしまう為メイクで隠すなどの対策が必要になります。

レーザー治療で効果が出ない目の上のくぼみ

目の上のくぼみの美容整形にはレーザー治療というものがあります。
専用の機械を使用してレーザーを照射することで肌の代謝を促し、張りや活動を復活させる細胞へ刺激を与え、ふっくらとさせる効果が高いといわれています。
照射することで様々な高い効果が得られ、メスも薬も使用しない為、抵抗がある方には受け入れやすい方法と言えます。
しかし個人差や症状によってはレーザー治療で効果が出ない場合もあります。

PRP・ヒアルロン酸注入・脂肪注入によるしこり・石灰化など様々な症状

レーザーで効果が得られない場合の目の上のくぼみの美容整形には、注射によるヒアルロン酸や脂肪などを注入する方法が選ばれることが多いようです。
脂肪やヒアルロン酸は人体に馴染みやすく害が限りなく少ないといわれていて、近年では体の様々な部分の整形手術の素材として使用されています。
しかしリスクとして注入した際、注射の部分がしこり・石灰化状態などになってしまう可能性もあるといわれています。

手術後の症状に悩まされないために名医を選びましょう。

このような美容整形には必ず多少のリスクがあるものと考えて手術を受けたり、準備をしたほうが良いとされています。
不満足な仕上がりや結果にならないように人任せにせずリスクを最小限に抑える意味でも、できるだけ多くの情報集めや名医を探すようにすると、残念な結果を回避することができます。

名医相談所を利用していただき、情報集めや相談先などとして活用することをおすすめします。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。