フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

目の上のこけの美容整形の名医を探す2つのコツ

上まぶたがこけてくぼむ状態が目の上のこけで、目の上のこけは顔が老けて見える要因のひとつです。目の上のこけの美容整形を行なうことで若返りやアンチエイジングは可能になります。目の上のこけの美容整形は、フェイスリフトや糸を使用したプチ整形、脂肪注入、ヒアルロン酸注入、レーザー治療などいくつか治療法があります。いくつか治療方法はありますが、効果がでずに目の上のこけの整形を失敗することもあり得ます。

フェイスリフトでの治療で皮膚などを引き上げても、リフトアップ効果が十分に出せなく、費用だけが発生したというケースもあります。目の上のこけの美容整形の若返りやアンチエイジングの整形はメリットもありますが、技術が低い医師やクリニックなどを選んだ際には、フェイスリフトなどの治療で失敗する可能性もあります。カウンセリングが短かったり、アフターケアをしないクリニックなどもあります。当美容相談所で名医を紹介してもらうことも治療を成功させるためには必要なことです。

目の上のこけの美容整形の名医

腕の良い名医を探そう

目の上のこけの美容整形で若返りやアンチエイジング効果が期待できます。目の上のこけの治療方法は、フェイスリフトや糸を使ったプチ整形、脂肪注入、ヒアルロン酸注入、レーザー治療などの治療法があります。
目の上のこけの美容整形は技術や知識のある医師やクリニックで治療を受けると効果を得ることができますが、技術などが未熟な医師やクリニックで治療をうけた場合には、失敗することも否めません。入れ替えや修正、再手術をすることはできますが、名医を選ぶことで失敗するリスクはなくなります。名医はドレーンや抗生剤点滴を2種類などを使用して、感染率などを限りなくゼロにすることが可能です。
名医はサイトなどで相談窓口を設けているところがあり、クオリティの高い医師の条件、手術別のリスク、効果や仕上がりなどを解説してくれます。治療を受ける際の悩みや症状などを相談して、クオリティの高い医師やクリニックを見つけ、目の上のこけを解消することが良い方法です。

目の上のこけの美容整形の名医を探すには!

目の上のこけの美容整形でおすすめな美容外科は?

目は、顔の中でも印象に残りやすい部分で、年齢が出やすい部分でもあります。若い人は、目の上のまぶたや眉の下の部分にハリがあり、ふっくらとしているのでかわいらしい印象の人が多いのですが、年を取るごとに弾力を失い、目の上がこけてくることはよくあります。目の上の部分がこけてくると、目が引っ込んでいるようにくぼみができ、まぶたの皮膚がたるんでくるため、さらに年齢を感じさせる暗い印象や疲れた印象になってしまい、老けて見えるので、目の上のこけの美容整形が人気です。

脂肪注入やヒアルロン酸を注入を得意としている医師選び

目の上のこけの美容整形は、自分の脂肪を注入したり、ヒアルロン酸を注入してふっくらとさせる施術が人気です。メスで切らずに注射器を使って行うため、皮膚を切って行うリフトアップよりも抵抗感が少なく、初心者でも比較的気軽に挑戦することができます。多くの美容外科で扱っており、プチ整形なので料金的にも負担が軽く人気があります。

ふっくらとしていて、ハリがある目元は魅力的ですが、目元がこけてくぼみができてくると、途端に老けた印象になってしまうため、目の上のこけの美容整形を受けて、若々しさを取り戻すプチ整形が人気です。目の上のこけの美容整形は、自分の脂肪を抽出して精製した後、目の上の部分に注入する脂肪注入やヒアルロン酸を注入してふっくらとさせるプチ整形を選ぶ人が多く、どちらも拒絶反応の心配がない安全性の高い方法なので、安心して施術を受けることができます。

費用が安い病院

東京では、費用が安いところで2~3万円程度から施術を受けることができ、気軽さから人気がありますが、脂肪注入は脂肪の定着率が限られていますし、脂肪注入でも、ヒアルロン酸でも、目の上に的確に注入しなければ不自然なふくらみができてしまう失敗をする恐れがあるので、経験が豊富で評判が良い名医に施術してもらうことが、きれいな目元を取り戻すためのポイントです。目の上のこけが目立つ人は、目の下もこけている場合があるので、両方相談してみることもおすすめです。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。