フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

目の下のくまの美容整形で失敗したくないなら

目の下のくまの美容整形では何が原因で発生しているかを突き止めて、原因にあっている施術方法を適切に選択してもらうことができなければ失敗してしまう可能性があります。脂肪が溜まっていることでくまができているのに、薬剤を注入してさらに膨らませては逆効果ですし、へこんでいることが原因なのに、脂肪をとったり溶解させたりしたのではもっと深い影ができてしまいます。

丁寧なカウンセリングや検査、診察などを行い治療方針を判断してくれる医師に担当してもらうことが満足できる効果を得るためには欠かせません。特に手術が必要になる脂肪を取り除いたり、へこみ部分に移動させることで目立たなくしてくまを解消させる方法は、技術を持っている医師が行わないと失敗して修正が必要になってしまうことがあります。

目の下のくまの美容整形は疲れて見えたり老けて見える目元を改善させるために適している方法ですから、しっかりと医師選びを行い後悔しないようにしましょう。

目の下のくまの美容整形で失敗したくないなら

失敗例を防ぐために

目の下のくまの美容整形でくぼみに薬剤や、自身の脂肪を入れて目立たなくする方法も、色素沈着によって発生しているくまに対するレーザー療法も丁寧で着実な施術を行ってくれないと失敗して、見た目に全く変化がなかったり左右のバランスが悪くなることがあります。手術の際も傷が目立たないように下まぶたの内側やふちの分を切開して行われることが多いですが、縫合に失敗してしまうと不自然なふくらみが出て形が悪くなったり、視野を狭くしてしまうことがあるため、技術の高い医師により手術が行われるべきです。

失敗してしまうと目元がきつい印象になる可能性がありますし、修正を行うと治りが遅くなったり傷跡が消えにくくなることもあるので、慎重に判断を行うと良いです。

目の下のくまの美容整形は多くの美容クリニックで実施されていますが、特別な手術になると実施していなかったり経験が乏しい、または得意ではない医師もいます。評判が良い医師を探すことができないでいる場合には当相談所にて、目の下のくまの美容整形の名医をご紹介することができますから、ご連絡をお待ちしています。

目の下のくまの美容整形で失敗したくないなら

目の下のくまの美容整形の失敗、下眼瞼脱脂や裏ハムラ法で効果が無いなんて

「下眼瞼脱脂や裏ハムラ法で効果が無い」リスク。

目の下のくまの美容整形では、下眼瞼脱脂や裏ハムラ法といった施術法を、行うケースがあります。
これらの美容整形は目の下にある脂肪を取り除き、皮膚のたるみを除去する事で、クマを解消する効果を発揮します。
効果に優れた美容整形ですが、医師が下眼瞼脱脂や裏ハムラ法に精通していない場合、「下眼瞼脱脂や裏ハムラ法で効果が無い」というリスクがあるので注意が必要です。
これは、脂肪をしっかり除去出来なかった為に起こるリスクです。

「ヒアルロン酸注入やPRP注入で効果が無い」リスク

ヒアルロン酸注入やPRP注入はメスを使わない、プチ整形となる目の下のくまの美容整形です。
メスを使う美容整形に抵抗があるという方に、ヒアルロン酸注入・PRP注入はおすすめとなっています。
ただ、プチ整形であってリスクはゼロではありません。
「ヒアルロン酸注入やPRP注入で効果が無い」リスクがあるので、この点は考慮して施術を受けましょう。
この2つのプチ整形は医師が性質を熟知していない場合、施術を受けてもすぐに元に戻ります。

「内出血や腫れ」のリスク

メスを使う美容整形、そしてメスを使わないプチ整形ともに、考えられるリスクが「内出血や腫れ」です。
医師の技術が未熟だった場合、施術を行った部分に青あざのような内出血や腫れが、強く起こってしまいます。
特に目の下のくまの美容整形は、人目につきやすい目元に施術を行います。
内出血・腫れといった症状が強く出てしまうと、美容整形を受けた事が周囲の人にバレやすくなるのです。
また強い内出血・腫れはメイクでカバーする事も難しいでしょう。

施術を受けるなら名医を探す事がおすすめ

目の下のくまの美容整形には、「下眼瞼脱脂や裏ハムラ法で効果が無い」リスク、「ヒアルロン酸注入やPRP注入で効果が無い」リスク、「内出血と腫れ」のリスクなどがあります。
コレラのリスクを軽減し安心して施術を受けるには、名医を探す事が必要可決です。
当相談所ではくまの美容整形に精通している、おすすめの名医・美容外科クリニックをご紹介しています。
施術に興味があるという方は、ご気軽に当相談所へご相談ください。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。