フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

不安は解消しよう!マリオネットラインのたるみの美容整形のダウンタイム

マリオネットラインは口角の横から顎に向かって伸びる二本の線で、老けた印象に見えるラインです。美容整形で取り扱われる代表的なラインの一つでもあります。
マリオネットラインの原因には頬の皮膚や筋肉の下垂、口元から顎、首にかけての広頸筋のたるみ、口角下制筋の硬化や収縮などです。マリオネットラインのたるみの美容整形は色々ありますが、大別すると3つになります。ヒアルロン酸などの注入、糸によるリフトアップ、レーザー治療などです。
ヒアルロン酸注入の最大のメリットは、手術時間がとても短くダウンタイムもほとんどない点にあります。5分程で注入が終わり、その場で効果を実感することができます。腫れ、内出血はほとんどなく注入していく時の軽い痛みだけです。しかし症状によっては二種類のヒアルロン酸を使用したり、皮膚の深い層への注入もあります。
マリオネットラインのたるみの美容整形では手軽な治療ですが、やみくもに注入すると血管を梗塞したり皮膚にダメージを与える場合があるのでハイレベルの医師選びは必要です。
不安は解消しよう!マリオネットラインのたるみの美容整形のダウンタイム

ダウンタイムはかなり短い?

マリオネットラインのたるみの美容整形では、糸によるリフトアップもさらに効果的です。皮膚を切開することもなく、皮膚のたるみをとる治療法です。
特殊加工された返しのついた糸を皮下に埋め込んで、シワ、たるみのある部分を引き上げて若返らせます。一年ほどでゆっくり体内に吸収されて消えていきますが、この糸ので得られるメリットがたくさんあります。糸の周りにコラーゲン、エラスチンの生成を促進させハリとツヤが増して美肌効果が得られます。またはダウンタイムは注入よりは内出血、むくみ、腫れなどありますが、一週間ほどで消えていきます。治療後すぐに効果を実感できる点と注入よりも持続時間はずーっと長くなります。
また切開によるリフトアップは顔の側面を切開して皮膚と筋膜を引き上げて、より確実なマリオネットラインのたるみの美容整形になります。しかし切開するためダウンタイムや腫れ、内出血もおこり二週間と長引きます。痛みも強いためクリニックの処方薬が必要です。
レーザー治療はダウンタイムが軽くなっています。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。