フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

マリオネットラインのくぼみの美容整形の失敗は怖い?

マリオネットラインのくぼみの美容整形で用いられるのは、ヒアルロン酸注射やフェイスリフトがあります。
フェイスリフトは糸を使って引き上げる方法や、糸を埋め込んで肌にハリを取り戻す方法などがあります。また、皮膚を切除してしまい、縫合して固定する方法もあります。
それにプラスして肌にハリを出すために、ヒアルロン酸注射をするケースもあります。
マリオネットラインのくぼみの美容整形をきれいにするには、一つだけの施術で済むとは限りません。前述のように複数の方法を組み合わせないと、ちゃんとした効果が出ない可能性もあります。
ただし、複数の方法を組み合わせるということはそれだけ失敗のリスクも高くなります。
ヒアルロン酸注射は比較的簡単な治療と言われていますが、実際には入れすぎによる細胞や組織の壊死などのトラブルが報告されています。また、手術を受けたけれども効果が感じられなかった、修正が必要になった、などということもあります。
マリオネットラインのくぼみの美容整形の失敗は怖い?

失敗するとどうなるの?

ヒアルロン酸注射によるマリオネットラインのくぼみの美容整形では、注入しすぎによる壊死などの失敗がありえます。また、入れすぎて肌がつっぱったり、ということもあります。もしこのような状態になってしまったら、ヒアルロン酸溶解注射などで修正しなければならない場合もあります。壊死してしまった場合には、組織を再建させる手術が必要になります。
糸を使ってマリオネットラインのくぼみの美容整形には、さらにリスクが大きくなります。皮下に糸を入れていくので、それにより皮膚が凸凹になったり、感染症が起こるリスクもあります。また、ダウンタイムもヒアルロン酸注射と違って長いです。
また、糸を使っても十分に効果が出ないこともあります。糸を使っただけでは留める力が弱いからです。
カウンセリングでは様々な説明がされますが、その内容がよくわかっていない状態で受けるのは危険です。もし疑問点があれば美容整形の相談機関に聞くか、納得できるまでクリニックで質問しましょう。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。