フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

マリオネットラインのくぼみの美容整形のリスクにはどんなものがあるの?

女性が悩む年齢肌のトラブルで、上位に挙げられることの多い肌のたるみ、肌にハリがなくなってしまうと、一気に見た目年齢は引き上がってしまい、生活に疲れたイメージを与えてしまいます。特にこのたるみが顕著に出やすい部位としては、目元や口元などが挙げられますが、口の横に縦に走る溝は、美容業界ではマリオネットラインといわれ、フェイスラインを緩ませてしまう原因でもあり、顔が大きく見えてしまうこともあります。このような肌トラブルは、スキンケア化粧品やマッサージでは到底太刀打ちできないので、美容外科クリニックなどでマリオネットラインのくぼみの美容整形を受けるのが最善策ですが、簡単な注入術などで改善されるとはいえ、余計にたるみがひどくなってしまうなどのリスクもあるので、医師選びは間違えないようにしましょう。マリオネットラインのくぼみの美容整形では、ヒアルロン酸などを入れ過ぎることによる不自然なボリュームアップで、顔が四角く見えてしまうというリスクも少なくありません。
マリオネットラインのくぼみの美容整形のリスクにはどんなものがあるの?

美容整形はハイリスク?

マリオネットラインのくぼみの美容整形では、口元だけに着目するのではなく、そのくぼみの原因が、どこから来ているのかということをしっかりと見極める経験が、施術を行う医師には必要です。ヒアルロン酸は、身体には全くの無害で、へこんでしまっている部分を膨らませる効果はありますが、マリオネットラインのくぼみに関しては、頬のたるみによって、脂肪が垂れ下がってきていることによる溝が、皮膚のくぼみになって見えている場合が多いので、この脂肪の引き上げを行わずに、口元に注入してしまうと、かなり不自然に膨らみ、重みで余計に溝が目立ってしまったり、顔がしもぶくれで四角く見えてしまうというリスクもあります。こういったリスクを減らすためにも、適量を適所に打つことのできるスキルの高い医師を見つけることが重要です。マリオネットラインのくぼみの美容整形では、顔の側面にメスを入れるフェイスリフトもありますが、マリオネットラインの改善には、顔の中心を引き上げなければ意味がないので、この治療ではハイリスクローリターンでお勧め出来ません。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。