フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

マクロピールのダウンタイム期間のタブー

古い角質がはがれ落ちずに肌の表面に残っていると、肌がごわついて乾燥やシミ、ニキビなどのトラブルを引き起こす原因になります。
マクロピールはサリチル酸マクロゴールを使用したケミカルピーリングの一種で、これまでのケミカルピーリングと比べて、痛みや内出血、腫れと言ったダウンタイムがほとんどないため、安全性が高いピーリングと言われています。
これまでもサリチル酸を使用したケミカルピーリングは存在していましたが、溶解剤にエタノールを用いていたため、痛みや炎症が起こり、ダウンタイムを伴うことが欠点でした。
それに対し、サリチル酸マクロゴールを使用したマクロピールは、溶解剤にマクロゴールを使用することで、皮脂腺から血液中へ薬剤が浸透することがないため、施術のリスクが低くなります。
そのため、ダウンタイムが気になり、治療をためらっていた人や、これまでの薬剤が肌に合わなかった人でも、ケミカルピーリングを利用することが可能になりました。

マクロピールのダウンタイム期間のタブー

ダウンタイムは個人差がある

マクロピールは、古い角質や毛穴の汚れをきれいに取り除くため、ニキビやニキビ跡、毛穴の開き、シワ、シミ、くすみなどに効果があります。
マクロピールで使用するサリチル酸マクロゴールは、表皮と毛穴に浸透するだけなので、肌の深層まで薬剤が浸透することがないのが特長です。
そのため、施術中は痛みもなく、施術後に内出血・腫れなどが起こる心配がないため、安全性の高いケミカルピーリングと言われています。
ただダウンタイムは個人差があるため、人によっては、ヒリヒリした感覚を感じたり、数日間赤みが残る場合もあります。
治療した箇所は、かさぶたになり、自然にはがれるのを待つ必要があるため、故意にはがすことは避けましょう。
そして、施術後は美白成分と酸が含まれた化粧品は使用しないようにします。
また、他のケミカルピーリングと同様に、マクロピールの施術後は肌が敏感になっているため、しっかり保湿ケアを行い、紫外線から肌を保護するようにすることも重要です。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。