フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

マドンナリフト(アイリフト)のデメリットは想像以上?

マドンナリフト(アイリフト)は、有名歌手であるマドンナさんがこの施術を受けて大変満足したことから子の名前で呼ばれるようになったとされていて、炭酸ガスフラクショナルレーザーを照射することでまぶたや顔のたるみを改善する美容医療です。

メスを一切使わないで行うため、従来の切開法になどによるフェイスリフトやミッドフェイスリフトなどに比べるとダウンタイムが短く体へかかる負担が非常に少ないことが特徴です。

切開して傷跡が残るのが嫌、あるいはリフトアップは良くてもいきなり切開は抵抗があるという人におすすめの方法でもありますが、効果を維持するためには定期的に施術を受ける必要があります。

では、マドンナリフト(アイリフト)のデメリットはどんなことが考えられるのでしょうか。
メリットがあるということはもちろんデメリットも存在します。

料金相場などとも含めてきちんと理解しておくと、いざ自分が施術を受けるときに役立ちますので、ぜひこの機会に把握しておくことをおすすめします。

マドンナリフト(アイリフト)のデメリットは想像以上?

イタリア発の施術法

マドンナリフト(アイリフト)は、イタリアのDEKA社が開発した炭酸ガスフラクショナルレーザーを照射することで軽度なたるみやしわの改善を行う施術です。

料金相場は15~20万程度とされていますが、クリニックによってはこれよりも高額に設定しているところもありますので、施術を受けるクリニックで事前に確認しておくのが良いでしょう。

マドンナリフト(アイリフト)におけるデメリットとは、重度のたるみの改善に歯有効ではないということです。

体への負担やダウンタイムが短いということは、重度のたるみやしわなどには切開法によるフェイスリフト法でなければ改善できないこともあります。

また、効果の出方には個人差があるため、施術を受けた割にはあまり効果が期待できないこともあり、複数回施術を受けないと効果が得られないためランニングコストがかかるというデメリットも考えられます。

ただ、切らないでリフトアップ効果が期待できるという点では、一度試してみるのも良いかと思われます。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。