フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

唇のたるみの美容整形のダウンタイムは長い?短い?

締まりがなくなりたるんだ唇を改善するには、男性にも人気の高いアヒル口にすることが一番です。唇の先がツンと突き出ている形のアヒル口は、色気が増すだけでなく口角が上がり若々しい印象にしてくれます。魅力的なアヒル口にするには唇のたるみの美容整形施術の一つである、唇の内部に成分を注入してボリュームアップする方法がおすすめです。注入する成分は、ヒアルロン酸、脂肪の二種類があります。
料金を抑えてアヒル口にしたい人には、5万円台から受けられるヒアルロン酸の注入が良いでしょう。アヒル口の効果を長く保ちたい人には、30万円台と高値となりますが脂肪の注入が向いています。どちらの方法にしても施術後には痛み、内出血、腫れが起きやすくなります。術後に痛み、内出血、腫れが起きるリスクを減らすためにはダウンタイムが必要となります。唇のたるみの美容整形施術を含めて、美容整形の施術は術後には体の状態を安定させるダウンタイムが不可欠となっているのです。
唇のたるみの美容整形のダウンタイムは長い?短い?

ダウンタイムの過ごし方

唇のたるみの美容整形施術の中で、唇に成分を注入する方法のダウンタイムの期間は短めとなります。術後すぐは痛みや腫れを起こさないようにするため、施術部位を冷やします。注入の場合は皮膚を切開することはないので、入院はしなくて済み日帰りで帰宅することが可能です。施術部位の出血が止まっているようなら、当日のメークや洗顔も行うことができます。ダウンタイムの期間に最も注意しておくべきことは、運動と入浴に関してです。術後の当日から3日間までの間は、激しい運動は控えて湯船には入らずにシャワーを浴びるだけにしておきましょう。血行が良くなると腫れや内出血が起こりやすくなるので、血行が促進されないように運動はストレッチ、お風呂はシャワーか湯船に入りたいのならぬるま湯で。
術後に日常生活に慎重になるのは、大体3日間程度までで大丈夫です。唇のたるみの美容整形施術は皮膚を切開する方法もありますが、そちらになりますとダウンタイムに2週間程度はかかります。早めに日常生活を送りたい人には、注入して唇をボリュームアップする方法が一番です。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。