フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

行く前に知っておきたい!唇のたるみの美容整形のデメリット

唇が薄いと不健康そうなイメージを与えてしまいます。そこで唇のたるみの美容整形を行い、厚みのある唇にすることでセクシーかつ健康的な印象にすることができます。しかし唇のたるみの美容整形で一般的に行われるヒアルロン酸にはデメリットもあります。まずデメリットとして挙げられるのが、数ヶ月で元に戻ってしまうことです。ヒアルロン酸注射は体内に注入することで唇に厚みを持たせますが、効果は2年から3年程度しか持続しません。早い方であればもっと早い段階で効果がなくなってしまう恐れがあります。さらに唇の手術の場合は比較的柔らかいタイプのヒアルロン酸を使うので、通常よりもさらに元に戻りやすく3ヶ月から半年で効果が無くなったように感じることがあります。さらに手軽に受けられることがメリットとして挙げられますが、手軽な手術とはいっても唇に針を通すので、手術中に針が唇の血管を傷つけてしまう可能性があります。もし唇の血管を傷つけてしまった場合は内出血が起きます。
行く前に知っておきたい!唇のたるみの美容整形のデメリット

デメリットについて知っておきたい!

もし内出血が起きた場合は元に戻るのに1週間程度かかってしまい、ダウンタイム期間がなくても大丈夫だからと手術後すぐに仕事を入れてしまっている方はデメリットになります。また唇のヒアルロン酸注入は、他の部位と比べると痛みを感じやすい手術になっています。通常は痛みが強い場合は麻酔を足してくれることが多いので、手術中に痛みを感じたら無理をせずにしっかりと伝えるようにしましょう。さらに唇のたるみの美容整形は、唇が大きくなりすぎたりデザインが不自然になってしまうというデメリットがあります。ヒアルロン酸注入は簡単な手術のように思われがちですが、打つ場所や深さでデザインが変わってくるセンスが問われる手術です。自分が思っていたデザインと違ったということがないように、カウンセリングでどのようなデザインにして欲しいのか伝えましょう。このように唇のたるみの美容整形は、手軽に受けられるからと油断をしていると痛い目にあう可能性があります。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。