フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

首のしわの美容整形のアフターケアって何がダメなの?

首のしわの美容整形のアフターケアで良くないのは、肌を乾燥させたままにさせることです。一般的にもお肌にしわができるのは、肌の乾燥が大きく影響をしているものです。年齢だからと言う前に、肌は感想をしてないかをチェックする必要があります。そして首のしわの美容整形では、施術を受けたとに、自分でするケアで、乾燥対策をしていく必要があります。首のしわの美容治療にもよりますが、レーザーなどを使用して治療をすることになったら、レーザーの影響で首の皮膚はとても乾きやすくなります。そのまま放置をすると、肌のサイクルがよくなるどころか、乾燥から生まれ変わりが遅くなります。乾燥させたままの皮膚は、生まれ変わりが順調にできなくなるので、だんだん古い皮膚がストックされて硬くなってしまいます。首のしわを薄くするどころか、もっとしわが目立ちやすくなりますし、皮膚には柔らかさが消えていきます。首のしわ治療を医療機器のレーザーでするなら、保湿は必須と心得ましょう。

首のしわの美容整形のアフターケアって何がダメなの?

アフターケアでするべきこととは

首のしわの美容整形のアフターケアでいけないのは、首の皮膚を紫外線にそのままあててしまうことです。太陽の紫外線の害は、近年広く知られることとなりました。昔よりも現代の方が、紫外線はかなり強くなっています。皮膚にそのまま浴びてしまえば、しみやしわが増えますし、皮膚の老化は加速をするばかりです。首のしわの美容整形をうけたあとは、首の皮膚もかなり敏感になっています。太陽の下を歩くときに、UVケアを全くしないで外出をすれば、首の肌には紫外線の良くない影響を、そのまま受けてしまいます。紫外線は老化を促進させてしわを増やしますし、それだけではなくシミまでつくることになります。首のしわの美容整形のアフターケアでは、紫外線から首の皮膚を守る対策を、必ずやっておく必要が出てきます。無防備になりやすい首の皮膚ですが、UVカットのクリームを塗るなどして、紫外線より守ることです。室内にいても、窓からの紫外線は入り込みますので、UVケアは室内でも必要です。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。