フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

ケミカルピーリングで起こりえるリスクとは?

ケミカルピーリングで起こりえるリスクとして、普段よりもかなり強い肌の乾燥を感じることです。治療自体は短時間で終わる、比較的イージーなものではありますが、医薬品の酸を用いた治療方法は、とても強い皮膚の乾燥を招くことにもなります。肌の上に専用の薬剤である酸を塗り、数分の時間を待ってから酸を拭き取ります。美容治療としては長くはない施術になりますが、肌にとって大きな害はない酸でも、溶かす力は強いものがあります。表皮の古く不要とななった角質は酸により溶かされていきますし、毛穴の角栓も一緒に溶かすことを可能とします。そして皮膚の表面は、薄いヴェール分は溶かされますので、そのために強い皮膚の乾きを感じることになります。肌の見た目には透明感が出て良いのですが、皮膚自体はバリア機能が著しく低下をしている状態であり、皮膚には水分も油分も足りなくなった環境になります。乾燥した肌状態に陥りますので、ケミカルピーリング治療を受けたら、スキンケアを必ずする必要があります。
ケミカルピーリングで起こりえるリスクとは?

リスクとして、お肌にシミができやすくなる

ケミカルピーリングで起こりえるリスクとして、お肌にシミができやすくなるという、女性には耳を塞ぎたくなるようなことがあります。肌トラブルを解消して美肌を手に入れるために受ける治療なのに、逆にシミが出来やすくなるというのは、腑に落ちないかもしれません。ケミカルピーリングの治療方法は薬剤の酸を使った、皮膚の表面を僅かに溶かすといった美容医療の施術になります。酸には種類がありますので、それは病院側で適した種類を肌に使用することになります。どの酸を使用しても言えることは、表面の汚れや潤いまでも一斉に取り去るということです。肌はツルツルとした感触になったとしても、肌状態はまるで赤ちゃんの素肌のような、非常に敏感で弱い肌環境になります。一時的な弱さではありますが、そのままで紫外線を浴びてしまうと、いつも以上に肌にはシミができやすくなります。いつもなら守ってくれるバリア機能が弱くなっているだけに、紫外線に対して非常に弱くなっているためです。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。