フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

糸のフェイスリフトに失敗・修正3つの例と上手な病院のご紹介

肌のしわやたるみを修正するために行う施術をフェイスリフトと呼び、美容成分などの注射からメスで切開して行う手術、レーザーによる照射、糸を使って引き上げるリフトアップなど様々な方法がありますが、どれを利用するかは肌のダメージへのリスクや費用から考えなくてはいけません。

メスを使用した切開の手術は目に見えるほどの効果が見込めますが、費用が高く手術時間などの手間がかかるうえ、傷跡の心配もあるので受けるのが難しいものです。

糸のフェイスリフトなら、極細のハリで肌に穴を開け、そこから糸を通してリフトアップを行うため、最小の傷で済むというメリットがあります。

また、肌を持ち上げる効果には即時性があり、術後のダウンタイムが過ぎればすぐに実感できるのが強みです。

糸のフェイスリフトは埋め込むための糸に種類があり、採用する術式によって効果や埋め込むための本数などに違いがあるため、どの方法で行うか慎重に決めなければいけません。

糸のフェイスリフトの修正

糸のフェイスリフトの種類

実は糸のフェイスリフトといってもその方法は様々な種類があります。

いわゆる切開をしないで行うリフトアップ術で、フェザーリフト、スプリングスレッドリフト、シルエットリフト、ミントリフト、ハッピーリフトなど糸の種類や引き上げ方法によっても名前が変わることもあります。

ただ、切開ではなく糸で引き上げて行うフェイスリフトなので、その効果は半永久的なものではなく効果がなくなるとたるみが生じることもありますので、その際には修正施術で再度リフトアップする必要が出てきます。

施術にかかる費用は術式によっても異なってきますので、事前にクリニックに確認するのが良いでしょう。

では、糸のフェイスリフトにおける失敗とはどんなものなのでしょうか。

失敗をするリスクを避けるには技術力が確かな医師に執刀をお願いするのが良いといえます。
技術力の低い医師が施術を行うと失敗してしまうリスクも高くなりますので、クリニックを決める際にはその点も十分考慮して決めるのが望ましいといえます。

糸のフェイスリフトに失敗したらどうなるのか

切らないフェイスリフトで荒木さやかの様にたるみやしわの解消された肌に

肌にハリと弾力がなくなってきた、目の下のくまが取れない、しわが目立ってきた、など年齢とともに肌は老化していきます。若い頃は誰でもきれいな肌をしていますが、年を重ねると、同じ年齢の女性でも、年齢より若く見える人もいれば老けて見える人もいて個人差が大きくなってきます。まわりと比べて落ち込んでしまうという人も多いのではないでしょうか。

鏡を見てはため息をついて、人に会うのも億劫になってしまうなど、深刻に悩んでいる人も多いようです。日常生活に影響が出るほど悩んでいるなら、思い切って美容外科での整形を考えてみるのも良いかもしれません。

しわやたるみ、法令線などの老化のサインが解消できれば、小悪魔agehaの人気モデルである荒木さやかと同様の顔になることもできます。

荒木さやかのような顔になるには顔の老化を整形で解消する必要があります。たるみに効果抜群なのがフェイスリフト手術です。フェイスリフト手術は単に余分な顔の皮膚を引っ張るのではなく、スマスと呼ばれる皮膚の下に広がる膜を引っ張るので、術後の若返り効果は相当なものです。解剖学的な知識と経験が豊富な医師に執刀してもらわないと失敗する可能性があるので、リスクの高い方法と言えるでしょう。

切らないフェイスリフトを望む人に人気なのが糸のフェイスリフトです。医療用の糸を皮膚の下に挿入してリフトアップ効果を得る治療法で、ダウンタイムが短いので手術よりも抵抗なく受けることができます。

また、同じく切らないリフトアップ治療を望む人に人気なのが、レーザー治療です。レーザーの力で真皮層のコラーゲン生成を促し、肌にハリと弾力を与える治療法で、プチ整形感覚で受けることができます。

若返って荒木さやかと同様の顔になるためには、上記のような方法がありますが、うまくいくかどうかは医師の腕にかかっています。簡単な治療だからと油断せず、信頼できる医師を選びましょう。当相談所で名医のご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

糸のフェイスリフトによる失敗

糸のフェイスリフトは、場合によって毛髪内を数センチ切開することもありますが傷が非常に小さく済み目立たないのでプチ整形の部類に入るとされています。

技術力の高い医師が施術を行うと引き上げ効果が数年長持ちすることもありますので、なるべく長く持続させたい人は技術力の高い医師に施術をしてもらえるようにすると良いでしょう。

糸のフェイスリフトによる失敗で考えられることは、引き上げすぎることでひきつったような顔になったり不自然な表情になってしまうことが考えられます。

また、施術の時はうまく行ってもその後フェイスリフトが原因によって引き連れを起こすこともあり、反対にせっかく施術を行ったにもかかわらずあまり効果が期待できないということもあるようです。

ただ、これらの失敗は経験豊富で高い技術力を持つ医師が施術を担当してくれるのであればクリアできる問題といえます。

しかし、費用の安さだけでクリニックを選んでしまうと失敗するリスクが高くなるともいえますので、施術を行ったことを後悔しないためにもクリニック選びは慎重に行うようにしましょう。

糸のフェイスリフトの失敗

糸のフェイスリフトでの失敗例で、「効果が持続しない」事が起こりうる

効果が持続しないこともあるのが糸のリフトアップです。

糸のフェイスリフトは、効果が持続しないこともあります。糸の種類にもよりますが、一般的には治療効果が10年ほど続くとされていますが、医師の治療法によっては、大幅に短いものになってしまうことがあるため、医師の技量を調べることが大切です。糸が切れてしまったり、糸がたるんでしまったりすることが主な理由になっているため、治療内容の満足度などを調べておくことがよい治療をするためには必要です。

顔がひきつれてしまうことがある

糸のフェイスリフトは、顔がひきつれた状態になるリスクがあります。糸で強く顔を引っ張り上げることが原因であり、適度に引き上げてもらうことが大切になっています。糸であまり引っ張らない場合は、治療の効果があまり得られないため、適度の引き上げが必要であり、医師の経験などがとても重要になるような治療になっているため、治療をし続けている実績と、治療に関する満足度を調べておくことが大切です。

糸が透けて見えることもある

糸のフェイスリフトの治療を受けると、糸が透けて見えることもあります。太い糸を使った治療をした場合や、ギザギザしている突起が多い糸を使った治療をした場合に多いトラブルであるため、治療内容をしっかりと確認することが大切です。正しい治療を行った場合には、回避できるような症状になっているため、正しい治療をきちんとできる医師を探し出すことが治療を成功させるカギになっているため、いろいろなことを調べる必要があります。

1~2年の中期的なリフトアップの後は、切るフェイスリフトで再手術

糸のフェイスリフトで使用される糸は、基本的に医療用のもので、大きく開いた創部を縫合するために使用される素材を使っています。皮下に挿入してリフトアップを行うため、施術後に摘出する必要がないように、溶け出して肌に吸収されるものを採用しています。

素材については吸収性の良いものを使用していますが、糸の形状には違いがあり、所々に返しとなる特殊な棘が入っているものや、全く何もないフラットなものまで実に様々です。

糸のフェイスリフトには皮膚を持ち上げる必要があるため、基本的に返しとなる棘が入ったものを使用しますが、修正を行う部位によって埋め込む量に違いが出て来ます。

当然ながら埋め込む本数によって、施術の時間に違いがあらわれ、相場としても30~50万円と幅ができます。糸のフェイスリフトは1~2年の中期的なリフトアップとして利用できますが、切るタイプの手術は費用が高い代わりに永続的に効果が持続するので、どちらを利用するか慎重に決めるようにしましょう。

名医にきちんと治療をしてもらう

糸のフェイスリフトは、しわやたるみを治療することが可能な方法です。糸を張りめぐらせるような治療法なので、糸をどのくらいの強さで張っていくかが重要になっています。そのため、医師の技量に大きく左右されるような治療法であるため、名医と呼ばれている人を探し出して治療をしてもらうことが大切であり、肌の状態に合わせて適切な処置をしてもらえるような人に治療を頼むことが、とても重要になっています。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。