フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

糸のフェイスリフトに失敗したらどうなるのか

実は糸のフェイスリフトといってもその方法は様々な種類があります。

いわゆる切開をしないで行うリフトアップ術で、フェザーリフト、スプリングスレッドリフト、シルエットリフト、ミントリフト、ハッピーリフトなど糸の種類や引き上げ方法によっても名前が変わることもあります。

ただ、切開ではなく糸で引き上げて行うフェイスリフトなので、その効果は半永久的なものではなく効果がなくなるとたるみが生じることもありますので、その際には修正施術で再度リフトアップする必要が出てきます。

施術にかかる費用は術式によっても異なってきますので、事前にクリニックに確認するのが良いでしょう。

では、糸のフェイスリフトにおける失敗とはどんなものなのでしょうか。

失敗をするリスクを避けるには技術力が確かな医師に執刀をお願いするのが良いといえます。
技術力の低い医師が施術を行うと失敗してしまうリスクも高くなりますので、クリニックを決める際にはその点も十分考慮して決めるのが望ましいといえます。

糸のフェイスリフトに失敗したらどうなるのか

糸のフェイスリフトによる失敗

糸のフェイスリフトは、場合によって毛髪内を数センチ切開することもありますが傷が非常に小さく済み目立たないのでプチ整形の部類に入るとされています。

技術力の高い医師が施術を行うと引き上げ効果が数年長持ちすることもありますので、なるべく長く持続させたい人は技術力の高い医師に施術をしてもらえるようにすると良いでしょう。

糸のフェイスリフトによる失敗で考えられることは、引き上げすぎることでひきつったような顔になったり不自然な表情になってしまうことが考えられます。

また、施術の時はうまく行ってもその後フェイスリフトが原因によって引き連れを起こすこともあり、反対にせっかく施術を行ったにもかかわらずあまり効果が期待できないということもあるようです。

ただ、これらの失敗は経験豊富で高い技術力を持つ医師が施術を担当してくれるのであればクリアできる問題といえます。

しかし、費用の安さだけでクリニックを選んでしまうと失敗するリスクが高くなるともいえますので、施術を行ったことを後悔しないためにもクリニック選びは慎重に行うようにしましょう。

糸のフェイスリフトの失敗

糸のフェイスリフトでの失敗例で、「効果が持続しない」事が起こりうる

効果が持続しないこともあるのが糸のリフトアップです。

糸のフェイスリフトは、効果が持続しないこともあります。糸の種類にもよりますが、一般的には治療効果が10年ほど続くとされていますが、医師の治療法によっては、大幅に短いものになってしまうことがあるため、医師の技量を調べることが大切です。糸が切れてしまったり、糸がたるんでしまったりすることが主な理由になっているため、治療内容の満足度などを調べておくことがよい治療をするためには必要です。

顔がひきつれてしまうことがある

糸のフェイスリフトは、顔がひきつれた状態になるリスクがあります。糸で強く顔を引っ張り上げることが原因であり、適度に引き上げてもらうことが大切になっています。糸であまり引っ張らない場合は、治療の効果があまり得られないため、適度の引き上げが必要であり、医師の経験などがとても重要になるような治療になっているため、治療をし続けている実績と、治療に関する満足度を調べておくことが大切です。

糸が透けて見えることもある

糸のフェイスリフトの治療を受けると、糸が透けて見えることもあります。太い糸を使った治療をした場合や、ギザギザしている突起が多い糸を使った治療をした場合に多いトラブルであるため、治療内容をしっかりと確認することが大切です。正しい治療を行った場合には、回避できるような症状になっているため、正しい治療をきちんとできる医師を探し出すことが治療を成功させるカギになっているため、いろいろなことを調べる必要があります。

名医にきちんと治療をしてもらう

糸のフェイスリフトは、しわやたるみを治療することが可能な方法です。糸を張りめぐらせるような治療法なので、糸をどのくらいの強さで張っていくかが重要になっています。そのため、医師の技量に大きく左右されるような治療法であるため、名医と呼ばれている人を探し出して治療をしてもらうことが大切であり、肌の状態に合わせて適切な処置をしてもらえるような人に治療を頼むことが、とても重要になっています。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。