フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

糸の切らないフェイスリフトに成功した効果・メリットを経過ブログ7人から集計

糸のフェイスリフトの驚くべき効果として、メスを使う手術ではないにも関わらず、たるみを劇的に改善することができます。糸のフェイスリフトでは、皮膚を切ったりすることは一切ありません。

引き上げるためにも切開をして、皮膚ごと引き上げるというのは、昔ながらのやり方でありますが、現代の医療では切らなくても、たるみは特注な専用の糸を使うことで可能です。

地球には重力もありますので、年齢を重ねながら重量にも負けて、人間の顔は次第にたるむようになります。たるみが出てくれば、顔の見た目はとても老けて見えるようになります。

少したるんだレベルでは、特にきししないものの、焦ってたるみを改善しようと思う頃には、かなりのたるみが生じています。しかしたるんでからでは、セルフケアでは改善は難しくなります。

切開はリスクが大きいですが、特殊な糸を挿入する方法であれば、切開手術よりももっと簡単に、たるみを改善していくことができます。

こちらのページでは切らないフェイスリフトの効果についてご説明致します。

切らないフェイスリフトのメリット

リフトアップ手術でたるみとしわの解消を

年齢と共に目立つようになる顔のたるみやシワは30~40代のミドルエイジの女性に取っては、憂鬱で悩みの種です。
少しでも、たるみやシワが目立たないようにする為の努力は涙ぐましいものがありますが、得てして、大きな成果を上げることは難しいようです。気になるたるみやシワをすっきりとなくす魔法のような方法があるとすれば、大きな期待が持てるのは「リフトアップ手術」になります。

しかし、この手の手術は保険対象外となる為、費用も高く、また外科的手術になるので、二の足を踏む人も少なくはないでしょう。近年では、このような女性の悩みを救うべく「切らないフェイスリフト」施術が一般化してきました。気になる効果の程は、どうでしょうか?

従来の外科的施術に比べ、腫れや内出血等の術後の症状は軽減され、ダウンタイムと呼ばれる、原状回復に必要な期間も短縮されました。また、コストに関しても大幅に抑えられることもあり、その点では、「切らないフェイスリフト」が悩める女性にもたらす効果は大きいと言えるでしょう。

糸のフェイスリフトの効果

アンジェラベイビーの様にリフトアップされた顔になる整形手術まとめ

最近肌のハリがなくなってきた、目尻の小じわが気になる、何だか顔全体が垂れ下がってきた気がする、など年齢を重ねるごとに顔の悩みは深刻になっていきます。

顔にしわやたるみ、法令線、くまなどがひとつでもあれば、確実に見た目の年齢が上がってしまうものです。

誰でもいつまでも若く見られたいと思うものなので、化粧品でケアしたり、顔の筋肉を鍛えたり、などと必死に老化に抗う人が多いのではないでしょうか。

しかし、老化が進行すると、自分の努力だけでは手の施しようがなくなってきます。老けてしまった、と諦める前に、思い切って美容外科クリニックで美容整形を受けることを検討してみても良いのではないでしょうか。今の老け顔が解消されれば、アジア一の美女と言われるアンジェラベイビーになれるかもしれません。

アンジェラベイビーになるには、たるみやしわなどが顔にあってはいけません。顔のたるみなどの老化現象に高い効果を発揮するのがフェイスリフトです。

フェイスリフト手術は表面の皮膚だけではなく、老化の原因となっている筋肉から引っ張り上げる手術なので確かな効果を実感することができます。

切開までは望んでいないという人には糸を使って皮膚を吊り上げる糸のフェイスリフトという方法もあります。

メスを使わず気軽にできるので、幅広い層から支持されている人気の治療法です。また、さらに手軽な方法としてはレーザー治療があります。

レーザーを肌に当てて繊維芽細胞を強力に活性化させることで、肌のコラーゲンを増やしてハリを出すという方法です。他にも注射だけでくまやしわを改善するプチ整形もあります。

若返ってアンジェラベイビーになるためにはいろいろな方法がありますが、成功のポイントは腕の良い医師に担当してもらうことです。

当相談所で名医のご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

キャバクラ嬢愛沢えみりのような顔にリフトアップするにはどんな整形方法が必要か

キャバクラ嬢は、その職業柄見た目のお手入れは欠かせません。
何歳になっても若々しく華やかな雰囲気でいる人も多く、真似をしたいと思う人もいるでしょう。

キャバクラ嬢のような顔になるためには、まずはフェイスリフトなどを行って、顔のたるみやしわ、法令線を薄くすることが大切です。

フェイスリフトには色々な方法がありますが、体への負担面や、手術後の傷跡を出来るだけ残さずに効果を出す方法として、糸のフェイスリフトを行う人が多いです。

専用の糸を使って釣り上げたい部分を調整していくことで、理想的なリフトアップが可能となります。
また、加齢を感じさせるのが目の下のくまです。

くまがひどい場合には、レーザー治療を考える必要もあります。
レーザーによって、肌の中のメラニン色素を破壊して、色を明るくしていく方法です。

しかし、目の下はレーザーを使用するときに、高度な技術力が必要になるだけでなく、目へのダメージのリスクも考えられるので、慎重に行う必要があります。

他にも、プチ整形によって、目元をぱっちりとした二重にすることも可能です。
理想とする顔の雰囲気や、元々の顔の状態によって手術の内容も異なります。

希望しているデザインなどがある場合には、医師にカウンセリングできちんと伝えていく必要があります。
美容整形手術は、医師とのコミュニケーションが非常に大切です。

また医師の技術力によって、仕上がりの状態が左右されるので、医師の技術力も必要となります。

安いだけでクリニックを選択するのではなく、医師の実績や経歴などもチェックして、安心して手術を任せることが出来るような医師を選択することがとても大切です。

失敗してしまうと再手術などのリスクもあるので、クリニック選びは慎重に行いましょう。

切らないフェイスリフトの効果

顔(法令線やマリオネットラインなど)の若返り引き上げ作用

糸のフェイスリフトの驚くべき効果とは、見た目の若返り作用でしょう。

たるんだフェイスラインは、とてもだらしなく、そして年寄り臭くみえます。

しかし糸のフェイスリフトの治療をすることによって、フェイスラインはスッキリとして、整った顔立ちにも見えてきます。

余計なたるみをなくした顔は、治療を受ける前よりも、ずっと若々しく見えるようになります。

糸を挿入する方法であれば、切開手術のような大きい傷跡を残すことはありません。専用の糸を挿入した部分は、僅かな盛り上がりは残りますが、切開よりも傷跡は小さくて住みます。

糸を入れてしまう為に、後から抜糸をする必要もありません。若い人の顔と老人の顔は、明らかにたるみが違います。

たるみは油断しがちですが、ケアをしなければ一層たるんで老化を加速させます。しかし専用の特殊な糸の挿入で、たるみは一気に解消されて若い見た目になります。

糸の治療は切開の外科手術とは違い、比較的かかる治療時間も短いです。

頬がリフトアップされる持続期間は1−2年程度

そこで、気になる美容的見地からの効果の程はどうなのでしょうか?

せっかく、手術をしても、すぐに原状の戻ってしまう、思ったような仕上がりが得られないと行った結果では非常に残念ですよね。

コストが抑えられたと言っても、美容整形の費用はバカになりません。

まずは、リフトアップの持続期間ですが、一般的に「切らないフェイスリフト」の場合は一般的にはその期間は1−2年と言われています。

「切るフェイスリフト」は切除したたるみの部分は一生という単位で戻りませんが、術後に新たなたるみが出来る可能性は否定出来ません。

見た目に関しては、「切るフェイスリフト」に比べると「切らないフェイスリフト」は劇的な変化をもたらすものではありません。どちらかというと緩やかな変化になります。

たるみを挿入した糸によって引き上げ、サポートする感じです。

但し、仕上がりとしては自然なものになりますので、リフトアップ施術を密かに行いたい場合には良い方法と言えます。

自然なリフトアップ効果で若返り。5~10歳若返ることも可能

糸のフェイスリフトのメリットは、従来の美容外科での治療のように、メスを使わなくてもいいことです。糸のフェイスリフトは、医療用の手術に使う糸を挿入するだけでありながら、筋肉に合わせてしなやかに動くので、ナチュラルな仕上がりで若返りを果たすことができます。

医療用に製造されている糸なので安全性は高いですし、たるみへの引き上げ効果も高いものです。昔の糸は入れても、つっぱるような感じがありましたが、近年使用をされている糸は、とても柔軟な動きをしながらも、たるみを引き上げる効果は抜群なものがあります。

顔には多くの表情筋がありますが、その動きに合わせて糸も柔軟に動かすことができます。それに糸を挿入することで、皮膚を引き上げてもくれますが、入れた糸の刺激は皮下へと伝わるので、存在するコラーゲン生成を促進させることにもなります。

皮下組織に特殊な糸を挿入するというシンプルな治療法で、皮膚は持ち上げられることになりますので、ナチュラルな若返りを実現することができます。

切らない糸リフトはダウンタイムが短いメリット

糸のフェイスリフトのメリットとして、短時間での治療を可能とするとこです。美容クリニックでのたるみ治療では、従来のやり方ですと、たるみには外科的な切開手術が主に行われていました。

しかし切開を伴う美容整形の外科手術は、一歩間違うと傷が大きく残りますし、必ずしも成功するとも限りません。

皮膚をメスで切って引き上げていきますので、修正となるとかなり治療は難しくなります。そして外科手術は完治までの時間が長くかかって、辛いダウンタイムが待っています。

一般的にも外科手術でたるみの手術をしたら、1週間は強い腫れと痛みが出ると言われますが、実際には1ヶ月は腫れることもあります。

会社に勤務する女性にとっては、出勤も厳しくなります。しかし糸のフェイスリフトの美容治療であれば、人と会えないくらいのダウンタイムはありません。ですから翌日から、治療をして糸を入れていても、普通に会社へ出勤をすることができるのもメリットです。

真皮はもちろんのこと皮下組織にまでアプローチできるサーマクールやタイタン

フェイスリフトとは、たるんでしまったお顔の皮膚をリフトアップする医療専門の美容ケアです。
それには、さまざま技術があります。

有名なフェイスリフトといえば、メスを使った技術です。たるんだ余分な皮膚を切除し、引き上げます。そのため、すぐに効果を実感できますが、メスを使っているため、赤みや腫れ、内出血などのダウンタイムは必ず出ます。日が経てば傷跡は修復しますが、それまでに時間を要します。

施術後の痛みも含めて、こうしたダウンタイムは極力避けたい方は多いでしょう。

レーザー系の切らないフェイスリフトは、サーマクールです。
そこで、切らないフェイスリフトを2つ、メリットも含めてご紹介します。

1つ目は、タイタンです。

お肌は大きく分けて、表皮・真皮・皮下組織の三層から成り立っています。

ホームケアは表皮までとなり、それより深部はエステや美容クリニックとなります。しかし、医療技術の働きはエステを大きく上回ります。それは、扱っている技術の差です。

タイタンは医療用光であり、真皮にアプローチします。これにより、コラーゲンの増加を長期間促進し、肌内部からリフトアップします。たるみやシワを改善し、長期的に若々しいお肌を作り上げる切らないフェイスリフトです。

メリットは、真皮はもちろんのこと、皮下組織にまでアプローチできることです。皮下組織にはお肌を支えている脂肪があり、その下には筋肉があります。これらは重力や加齢により伸びて下がってしまい、この原因が肌表面にたるみを作っています。

サーマクールは、こうしたたるみの原因を作っている箇所へ直接アプローチします。

タイタンは光ですが、サーマクールは高周波RF(ラジオ波)という熱エネルギーになります。熱エネルギーが、下がった脂肪と筋肉を引き締めてリフトアップします。

そして、真皮のコラーゲン繊維も収縮するため、肌表面はよりいっそうキュッと引き締まります。コラーゲンそのものを増加させる効果もあることから、ハリや弾力が生まれ、翌日にはみずみずしく潤うお肌を実感できます。日が経つにつれて効果は増大するため、持続期間が長い技術になります。

タイタンもサーマクールも、痛みはほとんどなく、温かさを感じる技術です。肌質や体調によっては、施術後に赤みがでる場合がありますが、翌日には治まることがほとんどです。
切らないフェイスリフトが気になる方は、是非ご相談ください。

糸のフェイスリフトのメリット

医師選びに成功した場合の効果

糸のフェイスリフトの治療は、引っかかり構造のある特殊な糸を皮下に入れることによって治療を行います。

糸で頬を引っ張り上げるような効果が得られて、治療後にすぐに効果を得ることができます。

引っかかり構造がある糸を頬の中に入れることでコラーゲン生成の効果も得ることができるため、みずみずしい肌にすることができ、細かいしわも効果的に治療をすることができます。

専門的に治療しているクリニックでは、最新の研究技術が詰め込まれている糸を使うことができ、より高い治療効果を得ることができます。

糸を挿入する場所にも工夫をしてもらうことができ、失敗をしない治療をしてもらうことができるため、かなりの満足度がある治療を行えます。いろいろな治療に関する評判が高く、お勧めです。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。