フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

イントラセルはデメリットを理解してから受けよう

イントラセルはデメリットを理解してから受けようは、鍼治療のような極細の鍼を49本程度皮膚下に挿入して、鍼を通じて皮膚の深い層にラジオ波を照射します。ラジオ波を照射することで、肌表面にダメージを与えることがありません。特にニキビ跡や毛穴の開き、しわやたるみなどさまざまな肌トラブルにも効果のある美容医療機器となっています。このように良いところが多いイントラセルですがデメリットもあり、その一つとして挙げられるのが肌に直接穴をあけることです。肌に直接穴をあけることで、治療後は赤みや腫れが伴う場合があります。イントラセルの治療のダウンタイム期間は3日から4日と言われており、治療部位の赤みが引くまでには1週間程度続く場合があります。そのため1日だけの休みだと赤みや腫れが引くまで間に合わないことがあります。顔という比較的目立ち目のいく箇所の治療なので、受ける際は前後になるべく予定を入れないようにすることが求められます。休みが十分に取れない方や知り合いに治療を受けたことがばれたくない方には向かない手術です。
イントラセルはデメリットを理解してから受けよう

数あるリスクも理解しておく

イントラセルの治療のデメリットとして効果を実感できなかった、赤みが1週間以上長引いて当初の予定と違っていたなどが挙げられます。イントラセルの治療後に赤みが出やすいか、腫れがでやすいかは体質によって変わってくるので、2日から3日程度のダウンタイム期間で考えていた方には予想外になることもありえます。赤みがでるか不安な方は確実には判断することが難しいかもしれませんが、医師に相談することをおすすめします。敏感肌であれば赤みが出る可能性が高いので、敏感肌の方はあらかじめ日にちをあけておくと良いかもしれません。治療費も一回で15万円以上と普通のレーザー治療より割高となっています。通常は効果を実感しやすいですが、もしも効果が出なかった場合は高い費用を払った意味がなくなる場合もあります。また治療の痛みを軽減するために麻酔をするので、当分はむくんだ状態が続きます。このようにメリットがたくさんある治療方法ですが、その一方でデメリットもあることを理解しておきましょう。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。