フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

法令線のしわの美容整形を受けるならデメリットを理解してから!

老化の象徴のような法令線のしわを消してくれる法令線のしわの美容整形ですが、すべてがよいという訳ではありません。そのために、それぞれの施術法を受ける前に代表的な施術法のデメリットを理解しておくと便利です。デメリットは大きく分けて二つあります。まず最初は、スレッドリフト法やフェイスリフト法などの糸を使った施術を受ける際のデメリットです。これらの方法は糸を使って顔のたるみをひっぱりあげて法令線を消す方法で、即効性があるのがメリットですが、しかし、この方法の欠点はなんといっても顔を糸で縫ってしまうために他の方法よりも「リスク」が伴うことです。そのため法令線のしわの美容整形の経験の多い医師でないと失敗した場合に傷跡や感染症が残りやすいことが欠点です。また、顔面ですので顔面神経を傷つけてしまったり、偏頭痛という後遺症を起こさせるかもしれないことも理解しておくとよいです。そのため法令線のしわの美容整形の経験豊かな医師を探すことが大切です。
法令線のしわの美容整形を受けるならデメリットを理解してから!

しわの美容整形に関するデメリットとは

もう一つは、糸を使うよりも、安全といわれている方法のデメリットです。たとえば、法令線のしわの美容整形出よく行われる方法の一つは、ヒアルロン酸注入法などの注射を使った方法です。顔面の皮膚の下にヒアルロン酸を注入して、法令線を消す方法ですが、皮膚となじみが良く、肌に安全とされています。しかし、糸で縫いつける方法とは違うために、持続する時間が短い事がデメリットです。そのため、目的としている状態を継続させたい場合は何度もメンテナンスが必要になる為、時間と手間と費用がかかります。同じく、顔に高周波を当てて、法令線を消す高周波治療法も糸を使わない分だけ安全ではありますが、その代わり、縫合するわけではないので即効性がなく、効果が出始めるのに数週間もかかります。その効果は少しずつ出始まるので、即効性を求める人には不向きです。さらに、効果を持続させるには、半年に1回の割合で、治療を受ける必要があります。このように、時間と手間、費用もかかるのがデメリットです。このように、法令線のしわの美容整形でリスクの少ない方法は、代わりに手間と時間とお金がかかるのが欠点です。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。