フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

法令線のしわの美容整形のアフターケアで効果に差がでる?

法令線のしわの美容整形のアフターケアでは、行った治療法に適したケアをしていきましょう。近年でいえば、法令線のしわの美容整形として人気が高いのは、高周波を利用した引き上げの医療機器での施術です。切開手術ではなく、医療機器を使った治療なので、気軽な法令線のしわへの、効果的なアプローチをすることができます。切ることがありますし、注射針を皮膚にさすこともしませんので、出血を伴うとか、内出血をする心配もありません。高周波は皮膚細胞を活性化させることにもなりますので、アフターケアでは良い状態をさらにキープさせるために、スキンケアに力を入れてみましょう。せっかくの引き上がった、皮膚細胞も元気な状態なのですから、それを長く維持するには、潤いのある環境を整えてあげるのが正解です。高性能な高周波で引き上げても、乾いた環境下にしては、元に戻るのが早まります。しかしスキンケアで水分も油分も満たすことで、高周波で元気になった細胞は、長く持続しやすくなります。
法令線のしわの美容整形のアフターケアで効果に差がでる?

アフターケアは日焼け対策も!

法令線のしわの美容整形のアフターケアとして、糸を入れたり、メスを使用する手術をしたならば、無駄に患部には触れないことが重要です。法令線のしわの美容整形として、リフトの手術や糸の挿入は、確実に引き上げてしわを消えさせるものとなります。その分、ダウンタイムのケアには注意をする必要があり、まずはむやみに触ったりはしないことです。太陽の紫外線を浴びて、患部を刺激させないようにしましょう。お肌の老化にもなりますので、太陽から降り注ぎ続ける紫外線は、美肌にとっては大敵です。それは、法令線を解消するための、美容整形を受けたあとでも同じことが言えます。頻繁に触るのは控えるべきですが、日焼けはしないようにケアを怠らないことです。マスクをして口元を紫外線から守るとか、傷が癒えてきたら、顔にもしっかりと日焼け止めを塗る習慣をつけるようにしましょう。日焼けをしないように気をつけながら、1日の終わりには日焼け止めを落として、皮膚にやさしい成分の化粧品で、皮膚に保湿を行いましょう。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。