フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

法令線のくぼみの美容整形のリスク3つを理解して失敗回避!

加齢と共に気になる法令線のくぼみの美容整形は比較的簡易的であるにもかかわらず効果が高い為近年人気のある施術方法ですが、すべてが成功や満足な結果に終わる方ばかりではないのが残念なことです。

しかしリスクを理解することで失敗を回避し満足のいく結果を得ることができます。

このような整形を希望される方はぜひ考慮してから施術を受けられると満足のいく結果に仕上がるのではないでしょうか。

法令線のくぼみの美容整形は主に人体に無害なヒアルロン酸や培養した組織などを注入し、膨らませることで目立たなくさせるという方法が主流とされています。

注入された後は人体にゆっくり吸収され馴染んでいき自然な仕上がりを保つことができますが、一定の期間を超えると吸収され元通りになってしまうといわれています。

これはメリットの「人体に吸収できるくらい安全で無害」、デメリットの「スピードに個人差があるがいつかもしくは早々に吸収されて元通りになってしまう」という部分を指します。

法令線のくぼみの美容整形のリスクを理解して失敗回避!

左右のバランスや痛みなど、リスクはさまざまです

また法令線のくぼみの美容整形は手術をする際、医師の経験と判断で適量を注入するのですが左右のバランスが不自然になる、術後、赤く腫れる・痛みが残る・違和感を感じるなどのリスクもあるようです。

このような状態になった場合は、その旨を伝えて早急に医師に診察してもらうようにしましょう。

また施術例がたくさん明確に掲載されているクリニックも理想的ですが、術後の仕上がりには個人差と患者様のイメージの違いなどもあることを考慮しなくてはなりません。

医師とのカウンセリングの時点で自分の意見や理想をしっかり持ち、よく話し合い、術後のシミュレーションを行っておくと確かです。

専用の道具や簡易的なコンピューターグラフィックスのソフトなどでイメージをしやすい工夫がされているクリニックが理想的です。

法令線のくぼみの美容整形はどんな状態であっても相談にのって対処してくれるクリニックを探すことがリスクを回避する最良の策になるのかもしれません。

レーザー治療で効果が出ない理由

法令線のくぼみの美容整形のリスク「レーザー治療で効果が出ない」はなぜなるの?

法令線のくぼみの美容整形でレーザー治療が方法の一つに上がりますが、有効な方法ではありません。

レーザーは照射によって皮膚内部でコラーゲンを作るように促す方法です。くぼみを盛り上げる治療法ではありません。活性化されたとはいえ、生成能力は個人差があります。
出費に比べて実感を得にくいため、よく検討する必要があります。

しこり・石灰化のトラブル

PRP・ヒアルロン酸注入・脂肪注入による治療が法令線治療で有効とされていますが、しこりや石灰化の副作用が出る可能性があります。

PRP・ヒアルロン酸注入・脂肪注入によるしこり・石灰化の原因は、注入のし過ぎや不純物の量などがありますが、医師の技術力不足の場合もあります。信頼できる医師かよく確認しなければなりません。

甘く見てはいけない血腫トラブル

法令線のくぼみの美容整形の失敗で顔に血腫ができてしまうこともあります。
通常は放っておいても問題はありません。2週間程度で自然になくなりますが、いつまでも治らない場合や痛みが酷い場合があります。自然治癒すると軽く考えるのは禁物です。

状況によっては治療を受ける必要があるため、注意しなければいけません。

リスクを回避するために

上記のようなリスク以外にも、感染やアレルギーといったトラブルも起こることがあります。医師によっては、症状に対応してくれない場合があるのも事実です。

できる限りリスクを回避し、術後の症状にも適切に対応してくれる医師探しが重要です。
当相談所では、おすすめできる美容外科の紹介をしております。お気軽にご相談ください。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。