フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

法令線のこけの美容整形の効果は自然?

法令線は鼻の両脇から唇の両端へと伸びる2本の線で、頬との境界となる部分です。これが出来る原因としては加齢や乾燥・喫煙・ストレス・紫外線・バランスが偏った食生活・ビタミンC不足・コラーゲン不足などが考えられ、さらに年を重ねることでたるんだ皮膚の部分がしわや法令線となります。法令線のこけの美容整形にはフェイスリフトや糸を使ったリフト(プチ整形といわれるもの)、脂肪注入・ヒアルロン酸・レーザー照射など多岐にわたっています。若返りやアンチエイジング整形の中でも、法令線のこけの美容整形は代表的な悩みとなっています。高価な美容整形の効果や仕上がりを評価するには、皮膚の状態が戻ったあとに確認する必要があります。本格的な整形のダウンタイムは2週間くらいで、プチ整形であれば1週間程度を置くべきです。これらの期間には、腫れやむくみ・キズ跡の赤味が強く出ていて、効果を実感できるにはしばらくの猶予を持ちましょう。
法令線のこけの美容整形の効果は自然?

効果もあって安全性も高い

法令線のこけの美容整形にはヒアルロン酸を使用するのが非常に手軽ですが、その効果の持続は半年くらいでした。少し前まで脂肪の注入はクリニックなどでも一番薦められた方法ですが、脂肪を吸引する負担がとても大きいものでした。現在の法令線のこけの美容整形で第1選択となるのが、PRP血小板治療となっています。負担といえるのは採血ですが、その効果が持続するのは脂肪注入と同じほどか、部位によってはそれ以上となっています。PRP血小板治療は自分の血液から抽出した血小板を多く含む多血小板血漿を注入して、皮膚の再生や若返りを図る方法です。血小板は人間の身体のなかで出血を止めたり、血管や細胞を治す働きを持っています。この中に血管を新生・腺維芽細胞の活性化・コラーゲン産生などを助ける成長因子が含まれ、これが作用することで肌のたるみやしわを改善します。1回の注入で持続期間が1年から3年程度と長く、自分の血液なのでアレルギーなどの心配もありません。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。