フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

法令線のたるみの美容整形のダウンタイム、大体どのくらい?

年齢を感じさせる悩みの多くは、法令線のたるみです。
加齢や重力により、脂肪や筋肉が伸びて下がってしまう事で法令線のたるみが出ます。加えて、肌内部のコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸なども減少するため、ハリや弾力、潤いも失われます。
法令線のたるみの美容整形は、こうした悩みに的確に答えてくれます。
医療専門の美容は、ホームケアでは届かない肌深部にまで施術を行い、法令線のたるみを根本からケアします。
そして、1回の施術効果が高いため、通う回数はエステに比べて圧倒的に少なくなります。
施術の種類はいくつかあります。
医療用レーザー等を使って、リフトアップする施術があります。
他には、法令線だけでなくお顔全体にたるみが出ている場合は、フェイスリフトという手術があります。これは、たるんでしまった余分な皮膚を切除し、リフトアップします。安全性はあるものの、メスを使うため施術後の痛みや腫れ、内出血といった長いダウンタイムがあります。
この様なダウンタイムはなるべく避けたい、という方はとても多くいるでしょう。
それを可能にする法令線のたるみの美容整形が、サーマクールです。

法令線のたるみの美容整形のダウンタイム、大体どのくらい?

治療後のダウンタイムについて

サーマクールは、法令線のたるみの美容整形の中でとても評判が高く、人気があります。
ラジオ波を使い、お肌に直接当ててリフトアップをします。医師が一人一人の方に直接行います。この技術は、サーマクールのプログラムを受け、特別資格を取得した医師だけに許されたものです。
ラジオ波は熱エネルギーですが、施術中は痛みもなく、温かい心地良さがあります。
下がってしまった脂肪と筋肉を引き締めてリフトアップをします。そのため、たるんだ法令線はスッキリとします。さらに、コラーゲン繊維を収縮し、コラーゲンそのものを増やす効果もあるため、ハリと弾力がよみがえります。翌日には、潤いに満ちたプルプルなお肌を実感できます。
そして、気になる腫れなどのダウンタイムは、ほとんどありません。ただ、肌質によっては施術後に少し赤みが出る場合があります。しかし、ほとんどの場合は翌日に治まります。メスを使わないため、内出血は出ません。
1回で高い効果を実感できますが、より効果を高めるためには全5回ほど受けられるといいでしょう。
鏡を見る楽しさを実感できる技術です。
法令線のたるみの美容整形に関して気になる方は、お気軽にご相談ください。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。