フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

頬のたるみの美容整形はリスクを知ってから受けましょう

頬のたるみの美容整形といってもその種類は数多く存在します。

最も一般的なのはフェイスリフトで、糸で引っ張ってたるみを改善させたり耳の下あたりを切除してしわを伸ばしてまた縫合するという方法で頬のたるみの美容整形を行います。

その他にも、高周波や超音波を照射して肌に刺激を与えることでたるみをなくす方法や、ヒアルロン酸やボトックス注射を行う方法まで実に様々の種類が存在します。

では、頬のたるみの美容整形においてのリスクとはどんなことなのでしょうか。
メリットだけ知っておくのでは万が一トラブルが起こった時に思わぬことに発展することもありますので、しっかりとデメリットやリスクについても知っておく必要があるといえます。

ダウンタイムなどについてもあらかじめ把握しておくことで自分が本当に手術を受けるときに参考になりますのでしっかりと理解しておくことをおすすめします。

しわやほうれい線をなくして若々しい印象の見た目にすることからアンチエイジング効果が期待できます。

頬のたるみの美容整形はリスクを知ってから受けましょう

表在性筋膜リフト

頬のたるみの美容整形にはどんなリスクが存在するのでしょうか。

ダウンタイムは2週間ほどで、腫れが強く出ることもありますの長めに見た方が良いでしょう。

まず、大掛かりなフェイスリフトの場合筋膜や靭帯を使用するのが前提ですので、場合によってはそれらの部位を損傷する可能性があるということです。

加えて、耳の下の縫合がうまく行かなかったり切除し過ぎたりすることで耳たぶが変形して美容整形を受けたことが周囲にばれやすくなるというリスクもあります。

頬のたるみの美容整形は、どんな名医が行ったとしても傷跡が残ってしまうということも否めません。

また、表面の皮膚のみを引っ張って行うフェイスリフトになるとまたたるみが生じてしまうことがありますのでしっかりと表在性筋膜と呼ばれる部分からリフトアップを行ってくれるクリニックで施術を受けるのが望ましいでしょう。

頬のたるみの美容整形は、医師の好みや知識、技術によっても仕上がりが異なってきますので、ただ安易に費用の安さに惹かれてクリニックを決めてしまうと後で取り返しのつかない結果になることもありますので施術を受けるクリニックを決めるときには慎重に決めるのが良いでしょう。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。