フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

頬のしわの美容整形で失敗すると?

頬のしわの美容整形で失敗すると、引き上げるリフトの外科手術の場合でしたら、顔の表情自体が引きつります。人間の顔は表情筋が動いて、皮膚の表面にはナチュラルな動きを表現することができます。頬のしわの美容整形で、皮膚の切開手術をして引き上げてしわを伸ばした場合、皮膚の切開をする量と引き上げをやりすぎると、しわが伸びたとしても、表情は異様な突っ張り感が残るだけです。顔を動かしても、表情が普通に動きにくくなってしまいます。お人形のような不自然な顔の動きになれば、周囲からも変だと思われてしまいます。頬のしわを伸ばすだけではなく、自分のこの表情が引きつったままでは、美しい顔を手に入れるにはかけ離れてしまいます。

リフトの手術は昔からある美容整形手術ではありますし、しわを引き伸ばすには確実ではあります。しかし物事には程度が有り、やりすぎると不自然に仕上がるだけです。頬のシワが伸びても、ナチュラルな見た目になるように、事前にドクターとの話し合いをしっかりするべきです。

頬のしわの美容整形の失敗

失敗例無く、均一に仕上げるには技量がいる

頬のしわの美容整形で失敗すると、注入系の美容治療だったら、皮膚の表面が波打つことがあります。頬のしわが出てくると、メイクをしてもファンデーションが、頬のしわの溝に入り込んでしまいます。パウダーファンデーションやおしろいは、しっかり頬のしわに入るので、時間が経過することで余計にしわが目立ちやすくなります。頬にしわがあるのは、とても老けて見えますので、すぐにでも消したい気持ちは強くなります。美容クリニックへと駆け込んで頬のしわの美容整形で、すぐに対処可能な治療が、凹みを盛り上げる注入の美容整形です。

しかし、頬の薄い皮膚への注入は、かなり丁寧にしないと、見た目には波打ったような凸凹になることがります。しわを埋めるだけに意識を持っていくのではなく、皮膚の下にバランスよく入れてこそ、頬のしわが消えて若い頬にすることができます。しかし失敗でよくあるのは、皮膚の下に均一に入っていない状態で仕上がることです。

頬のしわの美容整形で失敗すると?

頬のしわの美容整形の失敗例、「レーザー治療で効果が出ない」

レーザー治療で効果が出ない。

頬のしわの美容整形は、レーザー治療で効果が出ないこともあります。レーザー治療では、細かいしわなどに強い効果をもたらしますが、深いしわには効果が出にくいため、しわのタイプによって、治療法を変えていく必要があります。いろいろな治療をしてもらうことができて、しわのタイプによって、しわの治療法との相性が良いものを選択していくことができる医師を見つけ出していくことが重要になっていて、口コミを見ておくことが大切です。

PRP・ヒアルロン酸注入・脂肪注入によるしこり・石灰化

頬のしわの美容整形は、PRP・ヒアルロン酸注入・脂肪注入によるしこり・石灰化が生じることもあります。PRP・ヒアルロン酸注入・脂肪注入は、注射器で、医師が少しずつ注入していくような治療法になっていて、注射液を過剰に入れてしまうとしこり・石灰化が起こる可能性が高まってしまうため、注意が必要です。しこり・石灰化が起こったことがないクリニックを口コミなどで探すことが重要であり、リスクを低くする必要があります。

感染症を起こすこともある

頬のしわの美容整形は、メスを使うような方法もあり、メスを使って様々なところを切開することで、感染症を引き起こす可能性もあります。メスで切開した部分に様々な菌が入りやすくなっていて、感染症のリスクを高めてしまうため、術後の管理がとても重要になっています。術後のケアをしっかりと行ってもらえるようなクリニックを見つけ出すことが大切になっていて、いろいろな保障内容も調べておくことをおすすめします。

情報を集めることをおすすめすること

頬のしわの美容整形は、さまざまな治療によって行うことが可能であり、理想的な治療を行いやすくなっています。しかし、しわの治療法によっては治療が難しいタイプのしわがあるため、しわのタイプをしっかりと見極めてから治療を行ってもらうことが重要です。いろいろな治療をできる環境を見つけて、よい方法を選んでくれるような環境を探し出すことが大切であり、情報をたくさん集めることをおすすめします。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。