フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

頬のしわの美容整形のダウンタイムに関して

頬のしわの美容整形のダウンタイムは、どれくらいかは知っておきたいところでしょう。顔の中でも意外と人の目がいきやすいのは、目や口元もですが、頬のパーツも油断は禁物です。欧米人のようなはっきりした凹凸は日本人にはありませんが、それでも顔の中で割とほのかに立体感があるのは、頬のパーツです。立体感のある場所は、視線も集まりやすいです。頬のパーツは高い位置にあって、ハリとツヤのあることで、顔の見た目は大幅に若く見られます。そんな頬のしわ治療には、いろいろな方法があります。頬のしわの美容整形で、思い切ってリフトの手術をしたとしたら、強い腫れや痛みと内出血は1週間から2週間ほどで、3ヶ月くらいで落ち着いてきます。その間は皮膚を清潔に保つようにして、ダウンタイムは自分にも優しくしながら、美しい仕上がりを楽しみにして過ごすといいです。顔も頭皮も強くは擦らないようにして、清潔にしておきましょう。リラックスして過ごすといいです。
頬のしわの美容整形のダウンタイムに関して

大きなリスクはない

頬のしわの美容整形で、注入系の治療をした場合は、痛みは注入をするときです。あまり腫れることはありませんが、稀に内出血は出ることもあります。ダウンタイムは、内出血などがなければ、特にはないものです。ただ、ヒアルロン酸などの注入をすると、場合によっては多少のマッサージをしたほうが、なじみやすくて平に均等になる可能性もあります。頬のしわの美容整形で注入系は簡単にできますが、皮膚を清潔にすることは心がけましょう。針を刺した箇所は、特に清潔にしておいて、もしも内出血を起こしていたら、数日間はファンデーションなどを塗り、わからないようにメイクをするといいです。入院をする必要もないですし、会社を休むこともありません。数日は注入をした箇所が、馴染むまで少しだけ本人にしてみれば、異物の違和感を感じることがありますが、それも数日も過ぎれば消えていきますので、心配はいりません。大きいダウンタイムもないので、気軽な治療ができます。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。