フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

頬のくぼみの美容整形のダウンタイム期間にやってはいけないこと

頬のくぼみの美容整形は、くぼんだ部分にヒアルロン酸や脂肪を注入する治療法などがあります。ヒアルロン酸を注入する治療の場合には、クリームによる軽めの麻酔だけで治療をすることが可能であり、治療による痛みをほとんど感じることがないため、安心できます。ヒアルロン酸は、もともと体にある成分であり、アレルギー症状などを生じることがなく、ほとんどの人が行うことが可能になっています。メスで切ったりすることがない手術であり、注射でヒアルロン酸を注入するのみで治療をすることが可能なため、ダウンタイムが非常に短いです。注射をすることによって、内出血や腫れを引き起こすこともありますが、施術した直後に、メイクをすることが可能になっているため、治療の跡を隠すことができます。ヒアルロン酸による頬のくぼみの美容整形は、治療の後は、血行をよくすることを控える必要がありますが、日常生活とほとんど変わりのない生活をおくることができるため、治療をしやすくなっています。
頬のくぼみの美容整形のダウンタイム期間にやってはいけないこと

術後の管理は簡単

脂肪を注入することによって行う頬のくぼみの美容整形は、自分自身の脂肪を使ってくぼみを埋めていく治療法であるため、アレルギー症状を起こすなく治療を行うことが可能です。ダウンタイムが短い治療法であるため、アフターケアを行いやすい治療になっています。術後の腫れは、約1週間ほど出る場合がありますが、重い症状になることがほとんどないため、安心できます。腫れなどは、冷やすなどのケアで、痛みなどを軽減することができ、ひどい症状の場合でも、痛み止めを服用するだけで管理することが可能になっています。脂肪注入による頬のくぼみの美容整形で生じる内出血は、注射をした時に偶発的に生じてしまうことがほとんどです。注射をする場所が多いほど内出血が生じてしまうことが多くなりますが、1週間ほどで消える軽度のものである場合がほとんどであり、何もしなくても自然に治癒していくため、安心できます。脂肪を取り出した部分のマッサージを術後3日後くらいからすることが重要になっていて、そのほかのケアはほとんどしなくてもよいため、管理が簡単です。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。