フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

頬のこけの美容整形のデメリットって何が考えられる?

頬のこけの美容整形の中でも、脂肪注入を行う人が増えています。しかしそこにはデメリットがあり、成功している人が少なく、失敗している人が非常に多いのです。
失敗している人の多くは、頬がこけた原因を究明しないまま脂肪注入を受けているからです。美容整形では、原因まで調べてくれるところはかなり少ないです。何故ならば、頬がこけた原因を究明するよりも、今こけている状況を何とかすれば良いからです。ですので、手っ取り早くヒアルロン酸注射や脂肪注入をすることで、頬にはりを生ませる施術を行います。また、骨格矯正や表情筋での回復を示す美容整形の先生もいますが、ヒアルロン酸注射や脂肪注入の方が早く治せることを説明することがほとんどです。何故ならば、それが彼らにとっての商売だからです。
しかし、実際にこのような方法で持続的に効果を発揮する人は、ある一定の条件を満たしている人だけです。逆に言えば、その条件を満たしていないために、頬のこけが起きたわけです。頬のこけの美容整形を受ける前に、この部分を理解する必要があります。
頬のこけの美容整形のデメリットって何が考えられる?

まずは原因を知ること

頬がこけた人がもとに戻らなくなる人の多くの原因は、噛み合わせが悪いことによる骨格のズレや、表情筋の衰えがあげられます。ですので、このような人がいくら頬のこけの美容整形を受けても、またすぐにこけてしまうわけです。
改善する人の中には、歯科矯正と表情筋のトレーニングで改善する人もいます。また、表情筋のトレーニングだけで改善することもあれば、顔だけではなく身体全体の歪みを矯正することで改善することもあるのです。
顔にある筋肉は量が少なく、かつ繊細です。些細なことでバランスを崩して、頬のこけに繋がることもあります。また、歪みが原因の場合は特に、脂肪注入をすることによって更に頬のこけがひどくなってしまうことも考えられます。それは、左右対称ではないところに注入をすることによって、歪みが大きくなることがあるからです。
このように、頬のこけの美容整形には、デメリットがあることもあるのです。ですので、まずは原因を知ること、そしてその原因を改善することがまずは重要なのです。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。