フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

ゴルゴラインのくまの美容整形の失敗は何が起こる?

加齢とともに目立ち始める皮膚のたるみ。それによって引き起こるトラブルといえば目の下から頬を斜めに横切るゴルゴラインですね。元々このラインの下には靭帯があります。その靭帯と皮膚の付着具合により、人によって若いころから目立つ人とそうでない人がいるのです。

それが年齢を重ねて皮膚がたるむことによってさらに深い線となります。そうなってくると実年齢よりも老けた印象や、不健康で疲れた印象を与えてしまいます。ゴルゴラインのくまの美容整形にはさまざまな方法があり、ゴルゴラインの深さやたるみ具合により選択していきます。ここでは、注入することでくぼみを埋める方法とたるみを引き上げることで皮膚をフラットにする方法の2つに分けてゴルゴラインのくまの美容整形失敗例を紹介していきたいと思います。美容整形手術はきれいになり、自信を取り戻すことができるというメリットの裏に失敗や副作用などのデメリットがあることを学んでいきましょう。

ゴルゴラインのくまの美容整形の失敗は何が起こる?

手術の失敗例について知ろう

まず、ゴルゴラインのくまの美容整形のうち手軽にできる注入法から説明していきます。注入する物質には、一番有名なヒアルロン酸や自分から抽出した脂肪、最新のものでは成長因子などがあります。ヒアルロン酸は他のものと比べて安価ですが、持続期間が約半年と短いため何度も注入し続けなくてはなりません。また、脂肪は自分のものなので異物反応は出にくいものの、定着せず吸収されやすいというデメリットがあります。さらに大きな失敗例として、入れ過ぎによって逆にライン状に盛り上がってしまうことがあります。こうなっては不自然なので、再手術で注入物を取り除かなければなりません。

しかし手術直後は腫れもあり仕上がりが分かりづらいのが現状のようで、こういった例も珍しくはありません。次にリフトアップ法によるゴルゴラインのくまの美容整形です。リフトアップ法の中でも糸を使った切らないタイプの手術が人気のようです。失敗例としては頬のひきつれ感が残ったり、笑顔が不自然になってしまうといったものがあります。キレイになるための手術で自然な美しさを失ってしまっては元も子もないことです。手術の際は以上のことをよく考えた上で決断してください。

ゴルゴラインのくまの美容整形の失敗は何が起こる?

ゴルゴライン・くまの美容整形の失敗として起こり得る「内出血や腫れ」いったいどういう状態?

内出血や腫れ、ダウンタイムについて。

美容整形には内出血や腫れ、ダウンタイムというものがつきものです。しかも、麻酔・メスを使用する施術の場合は腫れ・ダウンタイムが1週間~2週間続く場合もありますし施術後の痛みが出る事があるので痛み止めを処方されます。また、メスを使わず気軽に行う事が出来るヒアルロン酸注入などのプチ整形に関しても血管を傷つけてしまうと内出血が起こってしまったり、注射した跡が1日~2日間ほど腫れる場合もあります。

裏ハムラ法やミッドフェイスリフトで効果が無い

ゴルゴラインというのは漫画のゴルゴ13の主人公のように頬から目の下にかけて入る線の事で、このゴルゴライン・くまの美容整形の種類としてはミッドフェイスリフトや、ハムラ法・裏ハムラ法と呼ばれる目の下を持ち上げる施術が一番即効性があると言われています。しかし、こういった方法は逆にくまが強調される方も中には居ますので裏ハムラ法やミッドフェイスリフトで効果が無いと感じる方も多いようです。

ヒアルロン酸注入やPRP注入で効果が無い原因

ゴルゴライン・くまの美容整形の中でも切る事もなく気軽に行う事が出来るのがヒアルロン酸注入やPRP注入と呼ばれる自分の細胞を再生する方法があります。しかし、ヒアルロン酸は3か月~半年で体内に吸収されてしまうので繰り返す必要があり、PRP注入の場合は自分の細胞を再生させる施術なので効果が出るまで1か月~2か月ほどかかります。ですからヒアルロン酸注入やPRP注入で効果が無い効果が無いと感じる方もいらっしゃるようです。

美容整形の名医・丁寧なケアについて

美容整形を行う場合は施術後のアフターケアも含め気軽に受けることが出来るプチ整形の場合でも出来れば実績の多い名医にかかることをお勧めします。実績数はクリニックの症例画像などで把握出来ますし、また丁寧な施術・アフターケアを行うクリニックは受診前の説明やカウンセリングの際に術後のメリット・デメリットの説明や費用についての詳細、受ける施術に関しての過程について明確にしてくれるのでそういったクリニックを選ばれると良いでしょう。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。