フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

エランセの名医を見分けるために知っておきたいポイント

エランセとは、シミやしわなどのお肌の問題を改善するために美容クリニックで実施されている注入治療で用いる注目の新成分です。日本の厚生労働省に該当するアメリカのFDAに承認されており、安全性においても信頼できる内容です。実用性が優れていると共に安心して利用できるということで、美容治療での最終兵器と表現されており、世界70カ国以上で使用されています。

なお、エランセを用いて行う注入治療では、以前はヒアルロン酸を使用するのが一般的でした。これは、潤いを保つ効果が優れているからですが、効果の持続時間が数カ月から1年程度と短いということがデメリットです。これに対して、エランセによる注入治療は、2年から4年と2倍以上効果が続きます。さらに、注入後はコラーゲンの生成を促すという作用があるので、自然な潤いを実現することができます。

この様に魅力的な新成分による注入治療は、美容クリニックで行われているのですが、ドクターにより技術力にかなりの差があるのが現状です。このために、綺麗に仕上がりを希望している場合は、名医を見つけ出すことがポイントとなります。

エランセの名医

名医を見つけるためのポイント

エランセによる注入治療を実施している美容クリニックは、見た目の問題を改善するための診療を提供している医療機関です。サービス内容はエステと類似している部分もありますが、医師免許を保有しているということでダイナミックな内容の施術を行えるということが特徴です。特に、スピードという部分において優れており、問題を短期間で改善することが可能です。

この様な美容クリニックで行われている治療は、疾患を改善することを目的としたものではないので、自由診療に分類されています。自由診療とは、クリニック側が費用や治療内容について自由裁量できるという意味で、標準治療と対をなす言葉です。このために、クリニックごとに内容には違いがあり、さらに技術力の差異も生じるので仕上がりも当然違ってきます。これは、エランセによる注入治療も同様であり、名医と呼ばれるドクターに任せるのがベストの選択です。

ちなみに、名医を見つけるためのポイントとしては、ドクターのキャリアと共に、事前のカウンセリングの説明力も重要となります。メリットとデメリットについての説明がしっかりとしているドクターは、信頼できる確率が高くなります。

エランセの名医

エランセで評判の良いクリニック教えます!

メスと使わないプチ整形は手軽という事もあり、人気となっています。
ただ、プチ整形は効果の持続性に難点がある点がデメリットです。

例えばヒアルロン酸注入法でシワを解消した場合、すぐにヒアルロン酸が体に吸収されてしまいます。
通常、1年程度持続すると言われていますが、体質などによっては半年程で前の状態に戻ってしまう事さえあるのです。
せっかく施術を受けても、すぐに元に戻ってしまえば頻繁に施術を繰り返さなければ、効果をキープ出来ません。

このようなプチ整形のデメリットを解消したのが、「エランセ」というプチ整形です。
エランセ超持続型注入剤と言われています。施術を行った部分は約4年程度、効果が持続すると言われています。
これだけ長い間、効果が持つプチ整形はあまりありません。
仕上がりはもちろん、キープ力も長いプチ整形を考えているなら、エランセがおすすめです。

一部の先進的な美容外科で施術を受けられます。

プチ整形でありながら、長期間のキープ力を持続する「エランセ」は、主に顔の施術に用いられます。
ほうれい線などのシワを目立たなくしたり、頬にボリュームを出すなどの効果を発揮します。
費用は注入する量などによって変わりますが、安いクリニックであれば約8万円程度で施術を受けられるようです。
メスを使わないプチ整形ですので、初めて美容整形を受けるという方も、施術を受けやすいでしょう。

ただプチ整形であっても、医師の技術や知識、そして症例数が少なければ当然、失敗してしまうリスクは高まります。
エランセが失敗してしまうと、仕上がりに満足できなかったり、不自然な見た目となってしまいます。

また最悪の場合、注入した部分の組織が壊死してしまい、元の状態に戻らなくなる事さえあるのです。ですのでエランセの施術を受けるという際は、当相談所で解説している医師の質を見極めたり口コミを参考にする、実際にカウンセリングを受けるなどして、評判の良いクリニックを探しましょう。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。