フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

Eマックスのダウンタイムの注意点って?

Eマックスは高周波、レーザー、フォトHPL、赤外線(IR)の組み合わせで、アンチエイジングのあらゆるトラブルを改善する多機能の最新複合医療機器です。Eマックスは様々な症状が混在している肌トラブルでも、一人一人の肌質、状態に合わせて複数の治療が一台で改善することができます。またハンドピースという照射を行う3種類のアタッチメント選択で、より細やかで効果的な治療が可能です。
3種類のハンドピースにはフォトRF、フォトRFリファーム、マトリクスIRなどでしみ、ソバカス、たるみとリフトアップなど自在に組み合わせることができます。
例としてしみ、小じわには光エネルギー+高周波で、エネルギーを真皮層に伝えます。たるみには高周波+赤外線で深い層に届けます。この複合治療がコラーゲンを増やしエラスチンの生成を促進して、さらにリフトアップ効果が一度に得られます。
照射だけなので腫れ、内出血などダウンタイムはほとんどありません。照射中の軽い痛みはありますが、気になるほどではありません。
Eマックスのダウンタイムの注意点って?

ダウンタイムはない

Eマックスは複数の治療が同時に行えるため、注目の美容医療機器です。従来のように使用できない機器があったり、分けて治療するなどの手間がありません。
しみ、シワ、毛穴の開きやたるみ、リフトアップなどの老化現象をリセットするので、治療後の印象が大きく変わります。新陳代謝を促進してコラーゲンを再生させヒアルロン酸、エラスチンの影響で、ふっくらとハリを増し合わせてリフトアップでフェイスラインのたるみも美しく変化します。
とくに顔は目元、頬、口元など部位による異なる治療が、ハンドピースのコンビネーション照射で効率よく効果的に行えます。Eマックスは、月に一度の照射で継続的に行うとよりアンチエイジング効果が高まります。
従来の高周波、レーザー治療に不可欠だったダウンタイムがないため、アフターケアがとても楽で直後のメイクも可能です。腫れ、内出血は全くなく、肌質も選びません。照射中の軽い痛みや照射後の赤み、ひりひり感があっても徐々に引いていきます。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。