フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

知らないと後悔するディメンショナルリフトの失敗って?

ディメンショナルリフトの失敗例

ディメンショナルリフトとは、切開を行わないで糸で引き上げていくリフトアップ術であるため、身体にかかる負担やダウンタイムが短くて済むのが特徴です。

糸を使用して行うリフトアップ法をスレッドリフトと呼び、従来の切開法に比べると持続効果は落ちますが、切開法によるフェイスリフトに抵抗があるリフトアップ初心者にも有効な手段といえます。

引き上げ力によってしわやほうれい線などが改善できるだけでなく小顔効果も期待できるとされていることと、立体的でかつ自然なフェイスラインを作る効果も期待できるのです。

では、ディメンショナルリフトにおける失敗とはどのようなことが考えられるのでしょうか。

失敗はないに越したことはありませんが、メリットや利点だけでなくどんな失敗やリスク、デメリットがあるかということを把握しておくのは施術を受ける上でとても大切なことと言えますので、この機会にしっかりと理解しておいてはいかがでしょうか。

知らないと後悔するディメンショナルリフトの失敗って?

失敗は稀に引き上げている糸が切れてしまう

ディメンショナルリフトは、特殊構造でできた安全性の高い糸を使って、顔の全体や首のたるみなどを改善していきます。

糸を平面的にとお酢よりも立体的に通すことでより強力な引き上げ力を強化しているので、通常の切開法によるフェイスリフト術と同じくらい高いリフトアップ効果が期待できるとされています。

皮膚が丈夫な部位に糸を通していくので術後に腫れる心配が少なくダウンタイムも短いので回復も早いことが考えられます。

ディメンショナルリフトにおける失敗とは、稀に引き上げている糸が切れてしまったり、皮膚の表面に糸が飛び出すことがあります。

あるいは、せっかく施術を受けたにもかかわらずあまり効果が期待できないということもありますので、その際はほかの方法でフェイスリフトを行うか修正施術が必要となります。

ディメンショナルリフトの料金相場は、糸をどのくらい使用する科によっても変わってきますが40~60万前後が目安となっていますので、よく検討した上で施術を受けるようにしましょう。

ディメンショナルリフトの失敗によって、糸が透けて見える事はある?

ディメンショナルリフトの失敗で糸が透けて見える事もあります。

顔にメスを入れる事の無いフェイスリフトでは、傷跡が残らないという大きなメリットがあります。しかし、このリフトアップの施術では顔の皮膚表面に糸を入れますので低技術の医師、または未熟な医師が施術を行うと糸が透けて見える事があります。

傷跡が残らない方法を選んだのにも関わらず、糸が透けて見えたのでは何も意味がありません。失敗しない為にも、名医のいるクリニックで施術を行う必要があります。

糸を使ったフェイスリフトは効果が持続しない

切開する必要が無いフェイスリフトはいくつか方法があり、若い女性からも人気が高いの現状です。しかし、効果が持続しない、すぐにたるみが戻ってしまうというデメリットがあります。しかし、このデメリットを改善する為に研究・改良されたのが新たなフェイスリフト用の糸です。ディメンショナルリフトは糸のコグ(引っかけ部)・長さ・数・スパイラル(ねじれ)の程度を改良し、施術の持続力をアップさせる事に成功しました。

ディメンショナルリフトの失敗でひきつれ・笑顔が不自然になる?

特殊な糸を使った新しい施術方であるが、今までの糸とは違いごくわずかなクリニックしかこの施術方法を行っていません。従来よりも、フェイスリフトの長い効果が期待できる事で有名ですが、十分に糸の改良ができていない糸、または似たような仕組みで作られた糸で施術が行われた場合には、大きな後遺症が残ることがあります。後遺症の症状としては、顔のひきつれ・笑顔が不自然になるといったことが考えられます。

ディメンショナルリフトの失敗

ディメンショナルリフトをお考えの方におすすめ出来る事

たるみの無い美しい顔を手に入れたい方、アンチエイジングで若返りたい方に失敗しないクリニックの選び方を紹介します。自分の顔の状態にあった施術方法の料金相場を調べ、相場内のクリニックを探しましょう。口コミ・評判で失敗談が多く語られているクリニックはできるだけ避けた方がよいでしょう。いくつかのクリニックに相談・カウンセリングに行くこともおすすめします。自分の美しい顔を手に入れる為にも名医のいるクリニック探しをお勧めします。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。