フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

ダーマローラーの失敗として考えられること

ダーマローラーは様々な肌トラブルを、解消する効果のある美容医療として知られています。
適応する症状としては、クレータータイプのニキビ跡、シワたるみ、シミ、毛孔性苔癬、妊娠線、傷跡、セルライトなどです。
極細の針がついたローラーを、肌の上で転がす事により無数の穴をあけて美容効果を発揮する点が特徴です。
開いた穴は目には見えない程の小さなものですし、数時間で回復するので心配はいりません。
メスも注射器も使わないという事もあり、気軽に受けられる点が美容医療の魅力です。
傷跡が残る心配も無く、また施術後の腫れや痛みといった症状も短くて済みます。
ただ、美容医療であっても失敗のリスクが、ゼロという事はありません。
ダーマローラーにあまり詳しくない医師が施術を行った場合、ほとんど美容効果が出ないというケースがあるようです。
せっかく施術を受けても、効果を実感出来ないとなると、精神的なダメージは大きいでしょう。
ですので、施術を受ける際は十分に医師の質を、見極める必要があります。

ダーマローラーの失敗として考えられること

色々な肌トラブルの改善に有効だが失敗例も

ダーマローラーは美容医療の1つです。
色々な肌トラブルの改善に有効ですので、若い世代から年代を重ねた方までと、幅広い年代層の方が施術を受けています。
美容医療という事もあり失敗は無いというイメージがありますが、美容整形と同じように医師の技術力などによっては、失敗してしまうケースもあるので注意しましょう。
ダーマローラーは針で皮膚に穴を開ける施術を行いまいます。
針の長さは色々とあり、症状に合わせた針の長さを選ばなければ、思ったような美容効果を得られません。
施術後に美容成分を浸透させるケアを行うクリニックもありますが、やはり知識が無ければ肌トラブルに合わせた施術が行えず、あまり効果を感じられないという結果に、終わってしまうケースが多いようです。
ダーマローラーを受ける際は、十分に知識と技術力のある医師を選ぶ事が大切です。
当相談所では安心して施術を受けられるよう、信頼できる医師をご紹介しています。
ご気軽にご利用ください。

ダーマローラーの失敗として考えられること

ダーマローラーで起こりえる失敗例、傷跡なんてあるの?

傷跡が残る可能性もある。

ダーマローラーは、傷跡の治療をすることができますが、傷跡が治らずに残ってしまう場合もあります。傷跡の種類によっては、治らないようなものもあり、医師にしっかりと傷の状態を確かめてもらってから治療を進めていくことが大切になっています。医師の判断によって、違う治療法を選択する必要があることもあり、たくさんの治療法を提案してもらえるような環境によって、治療を行うことも大切になっています。

色素沈着をすることもある

ダーマローラーを使った治療では、色素沈着を引き起こす可能性があります。肌に無数の穴をあけていくような治療法になっているため、強い力で穴をあけすぎてしまうと、赤みが残ったような状態になってしまうため、色素沈着が続くような状態になるため、治療後にしっかりとケアをしてもらえるような環境で治療をしてもらうことが重要になっています。また、治療を多数行っていて、いろいろな事態に対処できる医師に治療してもらうこともおすすめです。

ニキビ跡への効果がでないこともある

ダーマローラーは、ニキビ跡への効果がでないこともあります。肌の状態などによって、治療効果が大きく異なるような治療方法になっているため、医師に肌の状態を見極めてもらうことが大切になっています。肌の状態によっては、違う治療方法を選択することも大切であり、いろいろな治療を行えるような環境で治療を頼むことも重要なことになっています。そのため、治療を多く行っている医師に診てもらうことがベストです。

おすすめできる病院選びについて

ダーマローラーは、極細の針がたくさんついたローラーを肌の上で転がすことによって、目で見えないくらいの大きさの穴を肌に無数に開けていくことによって、肌を生まれ変わらせるような内容の治療法になっています。いろいろな肌トラブルの解消に期待をすることができ、ニキビ跡などの治療にも効果があるとされています。しかし、医師による技術によって、治療効果が変わるため、たくさん治療をしている医師に治療をお願いすることをおすすめします。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。