フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

ダーマローラーのリスクをしっかりと理解してから受けよう

ダーマローラーは美容医療の1つです。
ステンレス製の極細い針がついたローラーを施術に使用します。
ローラーを肌の上で転がし、皮膚に無数の穴を開けるのです。
クリニックによってはこの後、プラセンタエキスやビタミンC誘導体など、美容成分を配合した薬剤でケアする治療も行います。
この美容医療を受ける事により、シワやたるみ、シミといった年齢肌、ニキビ跡、毛穴の開きに毛孔性苔癬などを改善する事が可能です。
メスで皮膚を切ったり、注射器で薬剤を注入するという施術を行わない為、体への負担は少ない美容医療と言えます。
ただ、直接皮膚に施術を行うという以上、全くリスクが無いという事はありません。
施術後、一時的に色素沈着を起こすケースがあります。
紫外線を浴びると色素沈着が出来やすくなる為、施術後は特に紫外線対策をしっかり行いましょう。
この他に症状は軽いものの、施術後に腫れや内出血、痛みが出る場合もあります。
ダーマローラーを受ける際は、このようなリスクがある事も考慮する事が必要です。

ダーマローラーのリスクをしっかりと理解してから受けよう

副作用や失敗のリスクが無いと思われがち

ダーマローラーはコラーゲンの生成量を増やしたり、肌の新陳代謝を活発にする事で、美容効果を発揮する美容医療です。
美容医療といえば全く、副作用や失敗のリスクが無いと思われがちです。
確かにメスを使う美容整形と比較すると少ないものの、やはりゼロという事はありません。
特にダーマローラーは医師の技術によって、仕上がりや効果が大きく左右されるというリスクがあります。
この美容医療では極細の針で、皮膚に穴を開ける施術を行うのですが、針の長さによって対応する肌の悩みに違いがあるのです。改善したい肌トラブルに合わせた、針の長さでないと施術を受けても、全く効果が出ないという事も考えられます。
針の長さを見極めるのは数多くの施術をこなし、熟練した医師でなければ難しいでしょう。
ですので、施術を受ける際は医師選びを、十分に行う必要があります。
当相談所では安心して施術を受けられるよう、信頼できる医師をご紹介しているので、ご利用ください。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。