フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

CO2フラクショナルレーザーのデメリットって何が考えられる?

CO2フラクショナルレーザーの一番の良いところは、美容感度の高い女性なら誰もが気になるであろうにきび跡や毛穴が薄くなるというところです。なかなか治せないニキビ跡や毛穴に効果テキメンな一方で、デメリットもいくつか存在します。たとえば、ダウンタイムが長いことです。CO2フラクショナルレーザーとは、皮膚に小さな穴を開けて、傷が治る過程で肌がキレイになるという仕組み。施術直後は、肌が赤く、2~3日は、肌全体がかさぶただらけで、顔がざらざらです。メイクはできるものの、ざらざらな肌にファンデをのせるので、余計ざらざらが目立ちます。少なくとも1週間はこの状態で過ごさなくてはなりませんし、肌が敏感なため、普段以上に日焼けに注意が必要です。ましてやすっぴんなどさらすこともできないので、デートや大事な予定がある際にはしない方が良いでしょう。長期間のお休みや、何も予定がない週末に施術に行くことをオススメします。
CO2フラクショナルレーザーのデメリットって何が考えられる?

経験豊富な医師も少ない

2つ目のデメリットは色素沈着する可能性があるという点です。施術の難易度の高いCO2フラクショナルレーザーは海外では流行っているものの、日本ではまだまだ定番の治療にはなっていません。そのため、経験豊富な医師も少なく、パワーによっては、やけどを起こし、色素沈着する可能性があるのです。CO2レーザーは高いところでは1回10万円前後するクリニックも存在しますが、一方で安いところだと、1万円代で施術できるクリニックもあります。特に金額が安いところ注意した方が良いでしょう。医師ではなく看護師が施術をしている場合もあります。また、クリニックによっては、強さの設定を客に任せていたりすることもあるそうです。せっかくの顔が色素沈着でシミになるのは嫌ですよね。やはり、カウンセリングに行き信頼できるクリニックのもとでCO2フラクショナルレーザーをするのが良いと思います。デメリットがいくつかありますが、やはり効果の高いCO2フラクショナルレーザーです。デメリットを理解した上で、施術されることをオススメします。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。