フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

CO2フラクショナルレーザーのデメリット3つを経過ブログから分析

CO2フラクショナルレーザーの一番の良いところは、美容感度の高い女性なら誰もが気になるであろうにきび跡や毛穴が薄くなるというところです。なかなか治せないニキビ跡や毛穴に効果テキメンな一方で、デメリットもいくつか存在します。たとえば、ダウンタイムが長いことです。

CO2フラクショナルレーザーとは、皮膚に小さな穴を開けて、傷が治る過程で肌がキレイになるという仕組み。施術直後は、肌が赤く、2~3日は、肌全体がかさぶただらけで、顔がざらざらです。

メイクはできるものの、ざらざらな肌にファンデをのせるので、余計ざらざらが目立ちます。少なくとも1週間はこの状態で過ごさなくてはなりませんし、肌が敏感なため、普段以上に日焼けに注意が必要です。

ましてやすっぴんなどさらすこともできないので、デートや大事な予定がある際にはしない方が良いでしょう。長期間のお休みや、何も予定がない週末に施術に行くことをオススメします。

CO2フラクショナルレーザーのデメリットって何が考えられる?

経験豊富な医師も少ない

2つ目のデメリットは色素沈着する可能性があるという点です。施術の難易度の高いCO2フラクショナルレーザーは海外では流行っているものの、日本ではまだまだ定番の治療にはなっていません。

そのため、経験豊富な医師も少なく、パワーによっては、やけどを起こし、色素沈着する可能性があるのです。CO2レーザーは高いところでは1回10万円前後するクリニックも存在しますが、一方で安いところだと、1万円代で施術できるクリニックもあります。

特に金額が安いところ注意した方が良いでしょう。医師ではなく看護師が施術をしている場合もあります。また、クリニックによっては、強さの設定を客に任せていたりすることもあるそうです。せっかくの顔が色素沈着でシミになるのは嫌ですよね。

やはり、カウンセリングに行き信頼できるクリニックのもとでCO2フラクショナルレーザーをするのが良いと思います。

デメリットがいくつかありますが、やはり効果の高いCO2フラクショナルレーザーです。デメリットを理解した上で、施術されることをオススメします。

<CO2フラクショナルレーザー>のデメリットを調べてみた|やけどしたと感じたら…

やけどを生じることがあるので注意が必要です。

CO2フラクショナルレーザーの照射が強すぎると、やけどを生じることがあります。肌が真っ赤になって、ヒリヒリしたり、あとが残る可能性もあるので、名医のいる美容外科を選ぶことが大切です。

経験豊富な医師なら、皮膚にダメージを与えるような照射はしないので、皮膚が傷つくことはありません。万が一、肌トラブルが起こったとしても、アフターケアが整っているところはすぐに治療してくれるので、あとが残ることはないでしょう。

色素沈着が発生することがあります

CO2フラクショナルレーザーは、肌の深部まで届くので、シミやしわをなくしたいときや、にきび跡やでこぼこ肌をなめらかにしたいときにおすすめです。経験豊富な医師なら心配ないですが、下手な医師に任せると、まれに色素沈着が発生します。
これを消すのは時間がかかるので、そんな失敗をおかさない、実績のある美容外科に行くようにしてください。技術の高い医師なら、レーザーの出力を調整して照射を行うので、安全に綺麗な肌になれます。

レーザー照射を受けても効果が無いことがあります

シミやしわ、そばかす、ニキビ跡などを改善したいときは、CO2フラクショナルレーザーの治療を受けると良いですが、技術の低い医師に担当されると、効果が無い場合があります。このレーザーは面ではなく、点状に照射するので、レーザーを当てる箇所を間違うと、効果を感じられなくなります。

経験豊富な医師なら、肌を改善したい箇所を狙って照射できるので、失敗することはありません。何回か繰り返すうちに綺麗な肌になれるでしょう。

CO2フラクショナルレーザー治療は実績のある美容外科がおすすめ

CO2フラクショナルレーザーは肌の奥まで届くので、シミやしわなどの肌トラブルの改善や、ニキビやニキビ跡を治療できます。名医のいる美容外科なら心配ないですが、下手なところに行くと、色素沈着ややけどのリスクがありますし、効果が無いこともあるので注意が必要です。

当相談所に問い合わせを行えば、CO2フラクショナルレーザーの実績のある、おすすめの美容外科を紹介することが出来ます。アフターケアも整っているので安心して任せられます。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。