フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

スライダーリフトの効果と失敗・修正のすべて!

スライダーリフトとメリット

スライダーリフトを安い料金で行えるクリニックで行った場合、50万円ほどから行うことができます。スライダーリフトは、リボン状のしなやかなプレートを利用した治療法になっています。髪の毛がある部分を切開していき、切開した場所から3ミリ幅の細いリボン状のしなやかなプレートを挿入していきます。従来の治療法では、糸を挿入していくような治療法ですが、スライダーリフトの場合、幅が広いプレートを埋め込むことができるため、高いリフトアップの効果を得ることができます。プレートは、自然に体内に吸収されていき、安全性が高いものになっているため、良い内容の治療ができます。

スライダーリフトは、頬のひきつりや効果の持続力、そして糸が透けて見えるなどのデメリットが比較的多くあるのが特徴の施術方法です。肌の質自体を良いものに変えていくような治療をすることもでき、体の状態を大きく変えていくことができます。細胞を活性化させていくことにより、普段家などで行うようなスキンケアでは決して得られないような治療を受けることができ、多くの人が治しに来ています。

一方で名医とされている経験豊かな医者にかかることができれば上記のような失敗例にはまることがなく、頬やアゴの目立つたるみを無くし整った印象を相手に与えることができるようになります。

そのため、当相談所で施術をおこなう医者の評判は必ず事前にチェックしておきましょう。

スライダーリフトの効果と失敗・修正のすべて!

スライダーリフトの名医と有名病院

リフトアップの整形で有名な美容外科の場合、多くのオプションの中から適切な治療方法を選択してもらえます。

有名病院を選択していただく事はもちろんですが、対応面については十分に注意しなければなりません。手術の特徴としても、糸の強度とリフトする力は、それぞれ使用する糸によって異なるため、カウンセリング時によく質問しておくとよいでしょう。

たくさんの治療をしていて、手術の跡が分からないようなケアを施してもらえるクリニックでは、失敗したと思わないような治療を受けることができます。いろいろなことを解消してもらえるため、評判が高いクリニックになっていて、人気があります。

スライダーリフトを受けるなら?口コミ人気が高い美容外科・クリニックはここ!

スライダーリフトなどのアンチエイジング治療をしてもらうことで、若返りをしようと思っている人に紹介したいと思える美容外科などのクリニックは、国内外の技術をたくさん取り入れた環境になっていて、よいしわやたるみの治療を実践してもらうことができます。

日帰りで治療を行えるような内容や、メスなどを使わない治療内容、医療機器などを使った最新の治療内容などを選択できるような環境にもなっていて、しわやたるみなどの人それぞれの状態に合わせて、よい治療法を相談しながら選んでいくことができるため、とても良い内容を実施することができます。

スライダーリフトの症例写真

症例画像①

スライダーリフトの美容整形・手術・治療

糸を使ったフェイスリフトの中でも、効果性が高いスライダーリフトですが、スライダーリフト施術をしても効果が持続しないこともあります。治療を受ける際には、必ずコストパフォーマンスを検討して治療される必要があります。

スライダーリフトの失敗・修正・再手術

スライダーリフトの失敗例、「効果が持続しない」ことがあります。

スライダーリフトは頬やアゴのたるみを改善するのに適している施術方法ですが、経験の浅い医者が行うと効果が持続しない、あるいは効果がほとんど感じられないということになる可能性があります。

カウンセリングできちんと施術における目的を明確に伝えていない、また経験が浅いことから医者の方が来院者の意思を汲み取れていないということから摩擦が起こります。不要なオプションをつけたことによる効果の寿命の低下も原因のひとつといえます。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

スライダーリフトの効果・仕上がり・アフターケア

糸が透けて見えることもあるため、効果を最大化させるためにも名医を選択する必要があります。糸の干渉や引きつれなどは未熟なドクターが行った手術や、アフターケア・メンテナンスを怠った場合に起こり得ます。

スライダーリフトの整形を受けられる際には、以下の様な効果・仕上がりに注意する必要があります。

カタチ 触感 持続性 傷跡 合併症・後遺症 痛み 術後 経過

スライダーリフトのトラブル・リスク・デメリット・後遺症

施術後、ひきつれ・笑顔が不自然になることなど失敗例もあります。

施術時にラインを上に上げすぎて引っ張ると、表情がつくれなくなり不自然になります。
これは糸と施術による組み合わせがうまくいっていないことからくるもので、その人の肌の適正を知ったうえでいくつかある種類の糸から適切なものを選べば、ひきつれ・笑顔が不自然になる可能性は低くなります。

白 目の腫れ(浮腫) 目袋の膨らみが残る 凹みすぎ 下まぶたの外反 下三白眼 細かいシワが残る 小ジワの増加 下眼瞼の膨らみ 左右差 凹みが出来る 傷の凹みや段差 目の下から上口唇の知覚の麻痺・鈍さ・しびれ 笑った時に口元が歪む 涙が溜まりやすくなる 効果がない 中縫いの糸が出てくる つっぱり 感染(化膿) 血が溜まる 傷が開く 白目や角膜の損傷 眼球の火傷 糸の露出 糸に対するアレルギー 糸に違和感・異物感 糸の突っ張り感・引きつり感 神経の損傷(しびれ・知覚鈍麻) フェイスリフトの禿げ(脱毛) 表情が無くなる コーンが外れる 傷の段差・凹み 耳の変形 色素沈着

スライダーリフトの部位・箇所

スライダーリフトの美容整形によって、オーダーメイドでお悩みを改善できますが、失敗を回避するためにもクオリティの高い手術を選択する様にして下さい。

ご相談窓口にて名医の条件、手術別のリスク、効果・仕上がりについてを解説いたしますので、お気軽にご相談頂ければと思います。

若返り・アンチエイジングの美容整形における、お悩み・部位(箇所)については下記をご参照ください。

頬 眉間 目尻 目の上 目の上 目の下 ゴルゴライン 法令線 マリオネットライン 額 唇 首 手 たるみ しわ くぼみ こけ くま(目の下だけ)

スライダーリフトのダウンタイム・腫れ

スライダーリフトの場合、面で引き上げますので、ダウンタイムが長く1週間程度を様子見ておきたいところです。腫れと内出血により、スッピンで外出することがまず難しいため、期間中はマスクなどを着用しての外出をオススメいたします。

スライダーリフトの料金相場と安い価格・費用

スライダーリフトを安い料金のクリニックで行う場合には、40万円ほどの費用から行うことが可能になっています。

料金相場は両頬で50万円程度です。ドクターの技術力や手術にかけている時間などによりクリニックごとに金額が異なるため、ホームページでチェックしておきましょう。

スライダーリフトのまとめとオススメ

施術後、糸が透けて見えてしまうケースが一定の確率で起きています。 これは医者の経験不足からくるものや、施術にミントリフトなどの非常に太い糸を使用した場合に起こる現象です。

人の皮膚はそれぞれ厚さが異なりますが、その人の皮膚の厚さを見誤ってしまうと、糸が透けて見えるという事態になってしまいます。 これも施術前のカウンセリングで、よく医者に自分の頬を調べてもらうことで回避できる失敗例です。

スライダーリフトによるアンチエイジング治療を受けたいと感じている人にすすめたいと思えるような美容外科などのクリニックは、アンチエイジング治療を国内外から取り入れていて、よい技術による治療を受けることができるので、たくさんの人々が、アンチエイジング治療をし続けています。

ご紹介は下記フォームよりお気軽にどうぞ。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントは受け付けていません。