フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

ACR療法の失敗はどんなものがあげられる?

失敗例について

ACR療法は、PRP療法とも呼ばれるもので日本語では多血小板血漿注入法とも呼ばれます。
ACR療法の仕組みとしては、自己の血液を採取して、その血液から専用の医療機器を用いて多血小板血漿を作り出して、気になる部位に注射器によって注入するというものです。そもそも血小板の働きとしては細胞の活動を活発にさせて細胞の再生能力を高めるというものであり、細胞が傷ついた場合には即座に修復を促す作用があります。

このためACR療法では気になる部位に多血小板血漿を直接注入することで、細胞を活性化させることができ、いわゆる再生療法の一種になります。美容整形の分野では注射器だけで治療が行えるためプチ整形として主にフェイスリフトアップの方法としてしわやたるみを改善するために行われます。

一方でこの治療法でも失敗する可能性はゼロではありません。ひとつは効果が出ないというケースと、もうひとつが成長因子を添加したもののケースで発生するしこりなどがあります。

ACR療法の失敗はどんなものがあげられる?

効果が出ないといったケース

ACR療法での失敗の種類として、効果が出ないといったケースがありますが、この場合には自己の血液の成分によって発生します。血小板は体調によってその量が変化しますし、また多血小板血漿を注入したからといって体質によっては十分な働きが起らないケースもあります。このためやや不確実性の治療法であるため取り扱っているクリニックが少ない原因となっています。しかし、ACR療法は自己の血液を原料としているため、アレルギー反応が出ないメリットがあり、さまざまな改良が行われています。
そのひとつが成長因子を添加したものです。この場合には血液以外の成分が入っているためしこりなどが出るトラブルがあります。このためACR療法でも成長因子を用いているものは失敗したさいのリスクが高いため注意が必要です。
一方で血小板の濃度を高める方法も考案されており、このさいに自己の血液のみで血小板の抽出量の濃度を高めるものもあり、その場合には通常の方法と同様に副作用が出ないメリットがあります。

ACR療法での失敗として起こる「持続期間が短い」ってどういうこと?

持続期間が短いことについて。

ACR療法は、再生治療の一種ですが、再生治療の中で治療の効果の持続期間が短いとされています。治療期間は3か月から1年ほどであるとされていて、もっと長い効果を期待したい場合には、他の治療法を選択することをおすすめします。気軽に行いやすいような治療法になっているため、人気が出ていますが、いろいろなことを医師とカウンセリングをして、最も希望するような治療法を選択することがよく、情報を整理することが大切です。

しこり・膨らみ過ぎる症状が出る場合もある

ACR療法を行うと、皮膚などに「しこり・膨らみ過ぎる」といった症状が起こる可能性があります。皮膚を再生させるような内容の治療法であり、再生の度合いによってしこりなどができてしまうこともあるため、この治療で用いられる注射液を、肌の状態などによって適切な量を入れてくれるような医師に治療をしてもらうことが大切になっています。口コミなどで治療実績や治療結果などを事前に調べることでよいところが選べるため、調べるとよいです。

定着しない・吸収される

ACR療法をするときに使用する注射の液は、定着しない・吸収されることもあります。皮下に注射液を注入していくような治療法になっているため、細胞の状態や、皮下の構造などによって、注射液が定着しない・吸収されるといった症状が起こりうる可能性もあるため、治療経験が豊富で、注射をする場所によって適切な量の注射液を注入してくれるような医師を選択して治療をしてもらうことが重要になっています。

ACR療法の失敗

おすすめできる治療法について

ACR療法は、自分の血液から血小板の有効成分を抽出して、しわやたるみなどの気になる部分に注入していくような治療法になっています。日帰りで行えるような治療法になっているので、気軽にアンチエイジング治療を行いたいという人などにおすすめすることができます。自分の血液を利用する治療法であるため、アレルギー症状を引き起こす危険性が少なく、安全性が高いものであるため、よい治療を行いやすいです。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。