フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

1dayリフトの名医・評判のクリニックを見極めるためにチェックすべきポイント。

従来のリフトアップ施術とは異なり、施術後の痛みや腫れ、傷跡などが画期的に軽減される「1dayリフト」は美と永遠の若さを追求する女性たちの間で注目の新しい美容法です。入院や施術後の通院も一切なく、施術当日からメイクも可能と言うことで、忙しい女性たちには最適な美容法と言えるかもしれません。「1dayリフト」は小さな切開部分から、皮膚組織に馴染み吸収される特殊な糸を皮膚深部に挿入することで、リフトアップをはかる施術です。傷口は非常に小さく、そのため、痛みや腫れも従来のものと比べると格段に軽減されています。

しかし、美容整形法は、患者の希望と仕上がりがいかにマッチしているかと言う点も、重要なポイントとなります。経験の浅い技術不足の医師が施術を行うと、切開部分(傷跡)が大きくなる、皮膚深部に挿入するべき糸が、浅い部分に挿入され、皮膚に凸凹が残るなどのトラブルが起こることがあります。満足の行く施術を受ける為には、クリニックの評判や情報を慎重にリサーチして名医と呼ばれる医師を探すことがもっとも重要となります。

1dayリフトの名医

クリニックの対応が非常に重要

一口に名医といっても、どのように探せばいいのか、見当がつかない方も多いかと思います。そういった時には、いくつかのポイントに沿って、クリニックの善し悪しを判断しましょう。

まず、一般的に行われるのが口コミサイトのチェックですが、良い口コミだけの注目するのではなく、失敗例やその後のクリニックの対応などが書かれたものに注意を払うべきです。仕上がりの満足度は個人の感じ方もありますが、その後のクリニックの対応が非常に重要になります。返金や1年保証など、しっかりとしたアフターケアーを行っているクリニックは施術に自信があると判断出来ます。

「1dayリフト」は新しい美容法となりますので、施術を数多く行っているクリニックは意外とまだ少ないものです。そこで、症例数にも着目しましょう。クリニックでのカウンセリングの際に、どの医師がどれだけ「1dayリフト」の施術を行っているかというような、細かな点も確認をする方が良いです。

経験値の高い医師だけを看板としているクリニックもありますので、自分の施術を誰が行うかと言うことも
事前にきちんと確認しておく必要があります。

1dayリフトの名医

1dayリフト受けるなら?口コミで評判の美容外科・クリニック

老けた印象になる法令線の深いしわや頬とアゴのたるみなどに対して、劇的な変化が期待できる方法に1dayリフトがあります。切開する方法であれば、しっかりとしわを伸ばしてたるみを取り除くことができますが、傷跡が大きくなって負担が高まってしまいます。1dayリフトであれば傷跡も小さくて負担が少ないのに、施術直後から変化を実感できるほどの改善を目指せます。リフトアップの整形を行っている美容外科や皮膚科クリニックの中では、様々な種類の糸を用意しているところもあります。

腫れにくい方法であるためダウンタイムがほとんどなく、忙しい人に適していて、施術を受けたことがばれたくない人にも安心の方法です。専用の糸で引っ張り上げますが、肌表面から目立つ心配がなく、たるみが解消することで小顔になることもあります。筋膜など皮下組織をしっかりとリフトアップしますし、顔の状態に合わせて糸の本数を増やすことも可能で、デザインを決める際に本数の相談を行っておくと良いです。体への負担が少ないので日帰りで受けることができて、傷跡は目立ちにくい耳の上部あたりに針の跡が残る程度です。

1dayリフトは安いところで360,000円ほどの料金で行っているところがありますが、入れる糸の本数によって変わってきます。施術した当初は、切開法と変わりないくらいリフトアップしていますが、通常1か月ほどで3割程度戻って落ち着くことになります。慣れていない医師が行うと、この戻りを少なくするために必要以上に引っ張り上げてしまうことがあって、耳の近くに不自然なひきつれやしわができてしまう失敗があります。

施術直後も自然であり、3割程度戻ったとしてもデザインがしっかりと行われていれば効果が実感できる方法です。評判が良いクリニックでは、そうした対応がきちんと行えていて高い満足度を感じている患者が多いことが分かります。術後は人によっては痛みがでたり傷口が膿んでしまうこともあるので、クリニックでは痛み止めや化膿止めなどを処方してくれますし、心配な症状が出れば対応を行ってくれます。1dayリフトは、術後の対応も充実しているところで受けると安心です。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。